hiking

【スイス ツェルマット滞在記】絶景の先へ!ゴルナーグラート鉄道に乗ってマッターホルンを拝む贅沢なハイキング

更新日:

今回はスイスの絶景を堪能できる、素晴らしい登山電車である「ゴルナーグラート鉄道」についてご紹介します。聖地マッターホルンの籠、ツェルマット! ここから、有名なゴルナーグラート鉄道に乗ってマッターホルンを目指しました。

私たちは5月のGWに行ったのですが、これがツェエルマットのオフシーズンと重なっていてホテルも安く泊まれたし、何よりゴルナーグラート鉄道が空いてて最高だった笑

登山電車・ゴルナーグラート鉄道

ゴル ナー グラート 鉄道 ツェルマットゴルナーグラート鉄道は、スイス・ツェルマットにある、スイス最高峰となるモンテローザやマッターホルンなど4000m級の名峰と氷河が広がるゴルナーグラート展望台へ結ぶ人気の登山鉄道。まるでマッターホルンへ向かって走るような迫力ある眺望が魅力です。
沿線ではさまざまな絶景ハイキングが楽しめます。

なんと標高3,089メートルまで登り、途中で一流のアルプスのパノラマを楽しむことができます。
この鉄道は、雪山に覆われた絶景のゴルナーグラートへまで一気に電車移動ができ、圧倒的な美しさを堪能できますよ!

料金・所要時間

料金

ゴルナーグラート鉄道の料金は、クラスや季節によって異なります。以下は一般的な料金の一例です。

- 標準クラス (Second Class): 大人の場合、往復で約80〜100スイスフラン程度。
- ファーストクラス (First Class):大人の場合、往復で約130〜150スイスフラン程度。

スイスパスを持っている人はこの値段から割引(50%オフ)されます!

子供やシニアなどの特別なプランもありますので、具体的な価格は公式ウェブサイトや現地の駅で確認してください。

チケットは窓口で買うか、売券機があるのでそちらで購入を、並んでいると時間がかかる可能性ありなので出発時間よりも早めにチケット売り場に行って購入してくださいね!

わからないことがあれば駅員さんが助けてくれるのでご安心を:)
英語は基本的にどこでも通じます!

所要時間

ゴルナーグラート鉄道の所要時間は、乗車する駅や季節によって異なります。一般的には以下のような所要時間がかかります。

ツェルマット発ゴルナーグラート行き: 約33分程度

所要時間は途中の停車駅や天候などによって変動する可能性があります。また、冬季や混雑時は予約がお勧めされることがありますので、計画を立てる際には公式ウェブサイトなどで最新の情報を確認してくださいね!

停車駅・路線図

■停車駅
ツェルマット Zermatt GGB (1604m)
フィンデルバッハ Findelbach(1770m)
リッフェルアルプ Riffelalp(2210m)
リッフェルベルク Riffelberg(2582m)
ローテンボーデン Rotenboden(2815m)
ゴルナーグラート Gornergrat(3089m)

■路線データ
ラック式鉄道(歯軌条鉄道)
アプト式 Abt

開業:1898年
距離:9.34 km
高低差:1485m 軌間・ゲージ:1000mm
最大勾配:200‰

時刻表

ゴルナーグラート鉄道の正確な時刻表や運行情報を知りたい場合は、公式ウェブサイトや現地の駅で確認するか、現地の観光情報センターにお問い合わせいただくことをお勧めします。

ちなみに私たちは早朝始発に乗りました!!7時の始発。
昼間の運行は通常、10時から16時の間に数本の列車が運行されているようです。

アクセス

ゴルナーグラート鉄道への旅の出発点は、スイスのツェルマットです!ツェルマットはアルプス山脈の中心に位置し、美しい山々に囲まれた素晴らしい町。
ツェルマットへのアクセスは、電車や車でスイス各地から可能で、特に鉄道を利用すると山岳風景を楽しみながらの移動ができます!

ツェルマットに到着したら、ゴルナーグラート鉄道の発着駅であるGornergrat Railwayへ向かいましょう。
ツェルマット駅は規模が大きく、案内が充実しているため、初めての方でも迷うことなくゴルナーグラート鉄道に乗り継ぐことができますのでご安心を〜

乗車前に、ゴルナー グラート ライブカメラで山頂の様子をチェックすることを強くお勧めします!マッターホルンに雲がかかっていたらガッカリしてしまいますもんね、、、

天気・気温・服装

私たちはGWの5月に行きました!まだまだ銀世界が広がるゴルナーグラート駅は防寒と冬用トレッキングシューズは必須🥾
着込んでいくことを強くお勧めすます。

ツェルマットで購入したニット帽をしっかりと被り、日本から持ってきた裏起毛のパンツにセーター、手袋、ユニクロ極暖ヒートテック笑、ダウンをしっかり装備して出かけました!

天気の注意点

ゴルナーグラート鉄道の旅では、天気が重要な要素!美しいアルプスの風景を楽しむためにも、晴天が望ましいでしょう。ただし、山岳地帯では天候が急変することもあるため、事前に天気予報を確認し、適切な準備をすることが大切です。

気温

ゴルナーグラートは標高3089メートルに位置するため、気温は一般的に低い傾向があります。ただし、季節や天候の状況によって大きく変動します。

訪れる際には、季節に合わせた適切な服装と装備を持参し、気温の変化に備えることが重要です。また、高山に位置するため、急激な気温変化にも対応できるよう注意が必要です。
以下は一般的な気温の傾向ですが、具体的な訪れる時期によって異なることに注意してください。

春(4月から6月)

春のゴルナーグラートでは、まだ雪が残りつつも、日中は日射しによって気温が上昇します。昼間は摂氏0度から10度くらいになることがありますが、夜間は氷点下になることがあります。

夏(7月から9月)

夏は比較的穏やかな気温で、昼間は摂氏5度から15度くらいの範囲が一般的です。日差しが強く感じられるため、日中は快適な気温となりますが、夜になると冷え込むことがあります。

秋(10月から11月)

秋になると気温は下がり、昼間でも摂氏0度から10度くらいになることがあります。特に晩秋になると、雪が積もり始めることがあります。

冬(12月から3月)

冬は非常に寒冷で、氷点下が続きます。昼間でも摂氏-10度から0度くらいの範囲が一般的で、夜になるとさらに寒くなります。積雪が多くなり、真冬の時期は防寒対策が必要です。

服装のポイント

暖かな服装: 標高3089メートルにあるゴルナーグラート駅では気温が低くなります。特に冷涼な空気を考慮して、暖かな服装が必要です。厚手のジャケットやセーター、防風性のあるコートがおすすめです。

防寒具: 冷え込みが厳しい場合は、手袋や帽子、マフラーなどの防寒具を用意しましょう。特に冬季や早朝・夕方は寒冷になることがあります。

歩きやすい靴:ゴルナーグラート周辺では散策やトレッキングが楽しめますので、歩きやすい防水の靴があると便利です。特に雨や雪が予想される場合は、防水性が重要です。

日焼け対策:アルプスの標高が高いため、紫外線が強くなります。日焼け対策として、帽子やサングラス、日焼け止めを使用することをおすすめします。

雨具:天気が不安定な場合は雨具を持参すると安心です。コンパクトにたためる防水のジャケットや傘があれば、急な雨にも対応できます。

電車の中

ゴルナーグラート鉄道の車内は非常に快適で、大きな窓からの眺めは最高!!!!!!
マッターホルン様✨✨うわーーーうわーぁーと感動しかなかった👏

清潔でモダンなインテリアが特徴で、車内にはゆったりと座れる座席やパノラマを楽しむための観光車両も用意されています。窓からの見える風景は絶景そのもので、壮大なアルプス山脈の風景が広がっていました!
日本の山とは違ったスケールが大きさに自然と手を合わせて拝んでしまう。。

雪を被った山々、氷河、そして青い空に広がる絶景は、まさに感動的。特にモンテローザ、マッターホルンといった有名な山々が、その美しさをより一層引き立てています!

電車で行ける最も標高の高い駅・ゴルナーグラート駅に到着!

Zermattからゴルナーグラート展望台(3300m)に向かいました!シャッターチャンスは始発から午前中の間がいいと聞いたので、早起きして7時の始発に🫶🚞

雲ひとつない天気🥹🏔運の良さに感謝です!!360℃ 山に囲まれて幸せだ😭

逆さマッターホルンを拝みに、、Rotenboden駅で下車

その後、ゴルナーグラート鉄道のローテンボーデン駅(Rotenboden)から7分程下ると出現する湖、リッフェルゼー(Riffelsee)へ!

さすがに雪がまだまだたくさんあり湖は雪の下。ですが、ここからみるマッターホルンは貸切状態で絶景🤞
完全に穴場スポットです!野生の感を信じて進むのも楽しい🤩無音とダイヤモンドダスト💎美しい世界でした!

教会が目印!Riffelberg駅

その後、ゴルナーグラート鉄道でRiffelberg駅で途中下車!冬はスキー場になっているのでリフトがいっぱい!今はオフシーズンで私たち以外誰もいませんでした笑

ここは教会とマッターホルンが並んでいて美しかった🥰

ゴルナーグラート クルムホテル

ゴルナーグラート クルムホテルは、まさに天空に近い標高3089メートルに佇む宿。窓から広がる絶景は、まるで絵画のように美しく、訪れるゲストを魅了します。夜には星空が広がり、ロマンティックな雰囲気に包まれます。

山々と一体化する客室


クルムホテルからの眺めは圧巻。窓から広がる風景には、モンテローザとマッターホルンの雄大な姿が見え隠れし、まるで絵画の中に迷い込んだかのような感覚に!
客室は山々と一体化したデザインで、自然の美しさを最大限に引き立てています。快適な寝具やモダンなアメニティが整った部屋で、心地よい安眠を体験できます。

天空のレストランでの食の贅沢

ホテル内には天空のレストランがあり、シェフが織りなす料理はまさに芸術品。美味しい食事と共に、山々の景色を眺めながらのディナーは、非日常の特別な瞬間となります。

マウンテンスパでの極上のリラックス

ホテル内にはマウンテンスパがあり、山々の美しい景色を眺めながらのトリートメントはまさに極上のリラックス。疲れた心と体を癒して、贅沢な時間を過ごしましょう。

まとめ

スイスを代表する山岳リゾートに行くからには、やはり大自然の中での散策が最高ですね😍
マッターホルンの絶景を楽しめる展望台がたくさんあるのでぜひ歩いてみて欲しいです❣️

  • この記事を書いた人

shui

長野の大自然の中でスポーツを楽しむヘルシーガール💪🏞️ ザ・とっつきやすい系 宅麺→ニュージーランドワーホリ→creeks coworking→フリーランス 🏃‍♀️マラソン 🏔️登山 🚴‍♀️ロードバイク 🏌️‍♀️ゴルフ 👙水着屋 Bastet Island

-hiking

Translate »

Copyright© まだ殻に閉じこもっているの? , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ロレックス コピー ロレックス スーパー コピー ロレックス コピーN級品 iwc コピー iwc スーパー コピー ウブロ コピー ウブロ スーパー コピー ウブロ|HUBLOT コピーN級品 オメガ コピー オメガ スーパー コピー パネライ コピー パネライ スーパー コピー
Iphoneケース ブランドコピー iphone11 ケース ハイブランド コピー シャネ ル iphone ケース ルイヴィトン iphone ケース グッチ iphone ケ ース