クイーンズタウンでお手軽にハイキング!Queens Town Hillに昼寝をしに行ってきた。

天気がいい日は、ハイキングをしたいものですよね。
ニュージーランドだいぶ暑くなってきて昼間は、半袖で生活しています。
ででで、ちょっとハイキングしたいよねということで気軽に行ける場所を調べていて出てきたのが、Queens Town Hill。
さっそく登ってきました。

Queens Town Hillとは?

ワカティプ湖、リマーカブルズ、その他の山々の素晴らしい眺めを見ることができるハイキングコースです。
クイーンズタウンの市内中心部から簡単にアクセスできることもあって観光客に人気。
おおよそ、2時間から3時間で歩けるコースになっています。


パーキング。

平日ではありますが、登山者がいますね〜。
パーキングエリアが少ししかないのでBelfast terrace沿いに路駐しました。
黄色のラインじゃないところならパーキングしても大丈夫なので、もし止めるようなら見極めてパーキングしてくださいね!
クイーンズタウンはニュージーランドの中でもパトカーが多い気がするので。。。


登山口へ

DCIM100MEDIA
看板には、登山コースの詳細やマップが掲載されています。
どうやら頂上には、夢のバスケットというモニュメントもあるそう。

「なんだか面白い名前をタイトルにつけたなー」と一人で苦笑。

スタート地点から結構な傾斜の坂が見えます。
そう、このハイキングコース結構な傾斜の坂なんです。
DCIM100MEDIA

ハイキングコースは、モミの木のいい匂いがします。ニュージーランドに落ちている松ぼっくり。ほんとうにみたこともない大きさのものがゴロゴロしてます。笑
DCIM100MEDIA

不気味な雰囲気の石づみ。
何だかわからないけど、不気味なので足を速めます。だって異常の数の石づみなんですもん。

DCIM100MEDIA

登っている最中、他の登山者「hey!」「Hi!」と声をかけてくれます。
なんかすんごい温かい気持ちに勝手になりますね。笑

登山者の中には、そこまで暑くもないのに上半身裸のボーイもいました。
「今日は、なにかのパーティーですか?」と聴きたくなりますね。


夢のバスケットを発見!

DCIM100MEDIA
どうやらこのモニュメント、キャロライン・ロビンソンと呼ばれるアーティストによる鉄製の彫刻のようです。

The Basket’s spiral of steel follows you
inward to reflect to draw inspiration from the mountains, lake and from those who are with you
outward to dream for the future.
Time flies, eternity awaits.

とのこと。

s__4284473

ここまで登るのに約40分くらいでしたが、体力が残っていたらさらに上に約15分登ってみましょう。


頂上。

s__4284471
なんだここは。。。

晴れているということもあると思いますが、360度景色が見渡せます。
Lake Wakatipu, the Remarkables, と南北に広がる mountains.
自然の力に圧倒されます。

絶景の中でランチをしました。

15205803_10207343722702484_572908055_o
その後ちょっと景色をみようと横になってみた。。。

おっと、調子がいいぞ。あー気持ちいな。。。

15134025_10207343722862488_2085594730_o

 

うとうと。。。。
そこから30分の眠りに入りました。笑

 

友達曰く「ちょっと寝ているだけだと思って待っていたのに全然おきないんだもん。登山者の人たちたくさん来てたのに、おきない。」
「深い良い眠りができる頂上だわ〜」と私は一言。

15145041_10207343722342475_132016875_o

私の特徴:基本的にどの時間、場所問わずに眠ることができます。


ということで。。。

景色が良すぎて30分も寝てしまった。マジで昼寝に最適というこで強くお勧めしたいですね。

そして、姉に話したら「お母さんとお父さんも先週登山いって、頂上で寝てたらしいよ〜」とのこと。

家族って、どうこうも良くも悪くも似るんだろう。周りを気にしない性格は親譲りということを確認しました。

ではでは〜


【基本情報】


距離:1.7km〜2km(1〜1.2マイル)夢のバスケット、そして0.5km(0.3マイル)さらに登ると、ワカティプ湖を見下ろす視点へ。

時間:往復1.5時間から3時間
ベストな時期:一年中。冬は南北の山々に雪が降るので雪景色が楽しめる
:結構な坂。トレイルランをする猛者もいました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す