華麗なる2500株のバラが咲き誇る「信州なかのバラまつり」に行ってきた。

信州にバラの季節が到来しました〜
そう、あちこちでバラが見事に咲き誇っています!

一本木公園

5/27〜6/11まで中野の一本木公園で行われているのが、「信州なかのばらまつり」
1993年から始まったようで今年で24回目です!

公園内には、850種類 2500株のバラが華麗に咲き誇っています。
県外からわざわざ見に来るお客さんもいるほどの賑わいを見せ、期間中はjazzライブやプロカメラマンによるワンランク上の撮影講習会、アンサブルコンサートなどイベントが目白押し。
中野市が勢力を見せて盛り上げているのがうかがえる。


では行ってみましょう!

公園の近くに特設駐車場が設けられているのでそちらにパーキング。無料のシャトルバスが運行しているのでそちらを利用。

平日は20分に一回、休日は15分に一回のペースで運行しているようです。


公園に着

バス乗り場には、バラがアーチ状に手入れされているので、くぐりながら公園に向かいます。すでにバラの香りで充満していますw


チケット購入

入園料は500円です。
前に並んでいたおばあちゃん、どうやってチケットを購入するかわからなく声をかけてきたので、買い方を教えてあげると満足そうに去っていった。

これは始まりに過ぎなかったw

そう、この公園で日本では珍しいことが起こるんです。


さて公園のなかへ

平日の午後ですが、お客さんで一杯とまではいきませんが多い方かなと思いました。
老人ホームの方がお散歩に来ていたり、老後生活を楽しむご婦人たちがきていたりほのぼのした空気ですね〜

初夏のやさしい太陽と清々しい風で、バラたちが美しく輝いています。

花をまじまじと観察しているとおばあちゃんがこちらに歩いてくる、
どうやらスマホカメラで撮影したいらしいがどう操作していいかわからないよう。教えてあげると「ありがとう〜」と友達のいる方に戻っていった。
「撮りましょうか?」と言ったがそれはいいらしいw

なんだかやけに今日は話しかけられる日だな〜と感じ出す。

バラ以外にも、旬のお花も見ることができます。
花の名前のプレートがあるので一致して花の名前もインプットできる。

花を見ることが好きなのだけれど、すぐに花の名前を知りたいときに使い易いアプリ(日本バーション)があったらどなたか教えてください。
か開発求むw

そんな中、面白い手触りのお花を発見!

うさぎの耳のような、しっとりとしたカーペットみたいな。。
なんともずーと触っていたい手触りなんです。
これ寝るときにほしい、安心する手触りで熟睡まちがいない。

他のエリアに移動すると、60代夫婦に話しかけられる。
どうやら去年も上越から来ていたようで、そのときの方がもっと満開だったとか。
今年はすこし咲くのがゆくっりなのかな?と話したり。

おじちゃんの方は、あっちにいったりこっちにいたりと婦人をさておき撮影に無我夢中。
そんな関係も素敵だな〜

日中気温の穏やかさと朝晩の冷え込みで、とても花持ちがよいらしい。
たしかにここ最近夜の気温10度とかだしな〜

公園内には、著名人がバラを植えたエリアが!


バラの情熱的な真っ赤さに一目惚れ。

その他にもバラで作られたハウスがあったり、


木漏れ日が気持ちがいい。

どこにいってもこれでもかとバラが咲き誇り優雅な気持ちにさせてくれます。手入れがあってこそのバラなので期待を裏切りません。

またバラを購入できたり

バラのソフトクリームやバラのお酒なんかも売っています!

バラアイスちょっときになったのでがこの日は寒かったので断念しましたw


ということで

みなさまお分りいただけましたでしょうか?
バラ公園ではみんなフランクに話すのがここのスタイルなんです
こういうことって、日本では珍しいですねw

一人旅していると知らない人と話す機会や一緒に旅を途中から進めたりと普段と違う思考回路の人と出会うことができる。
そこまで、刺激的な出会いを期待して行動しているわけではないけれどフランクに話せる空間って好きだな〜

このバラのいい匂いと共に見知らない人と情報を交換するのもここの魅力なのかもしれない。


施設情報

住所:長野県中野市一本木495-6
電話番号:0269-23-4780
入場料金:500円
公式サイト:http://ipk-rose.com/barakai/

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す