ネイピアのバックパッカーに泊まったら火事が起きた。笑

ネイピアでリンゴのピッキングをやろうときたのだが、なぜかピッキングのオーナーと連絡が取れなくなった。。これで何もなく、オークランドに帰るのも悔しいのでwwoofをすることに!wwoofの開始日までバックパッカーに泊まることにしたのだけど、、、


booking.comの宿泊する度に1,440円が貰える方法を使ってホテルを予約。

詳しくはこちらから

全ての海外旅行者・バックパッカーに捧ぐ!宿泊する度に1,440円が貰える方法!



毎度この機能でお得に泊まっている私ですが、ネイピアでも大活躍でした。


Stables Lodge Backpackersで3泊

出典hostelworld
出典hostelworld   

オークランドから飛び出し、泊まれるところを探していて運良く3泊空いていたのが、Stables Lodge Backpackers。

よくある、バックパッカーです
今まで、オークランド・ワイヘケアイランド・ロトルアと各地を回る度にバックパッカーホステルにお世話になってきたけど、とにかく私の中でいいイメージがない。笑

だってある時は、様々な匂いがミックスして寝るに寝れなかったり
またある時は、学生partyのように夜中までガンガン騒いで部屋まで音が入ってきたりと。

さて、ここはどんなだろう。

出典hostelworld
出典hostelworld

まず、7時間かけてオークランドからバスできたのでバックパッカーに着いたので夜の9時。笑
そんな中でもバックパッカーの受付の方はとにかく優しく、人が良さそうな人だった。
wifiのパスワードはなんですか?ってきいたら、「自分の皿は自分で洗う。だよ」って言われて、
「冗談ですか??」って聞き直したら

「いや、マジで。」って言われ、思わず笑ってしまった。


キッチン・セキュリティー

Jpeg

共用のキッチンも綺麗で使い勝手には何一つ困ることはない設備で◎。
なによりも、清潔なのが一番うれしい。笑

そうそう、セキュリティーもしっかりしていた。
まずバックパッカー内に入るにも任意のカードが必要(よくあるピッてやるやつ)
キッチンに入るにもカードが必要となっていた。


お部屋

Jpeg

空いていた部屋が、男女混合の6人部屋しかなかったのでここで寝ることに。

中がもうポップすぎでしょ!!!!

原宿にこういう店ありそうだなー。っと独り言。
星を見ながらいい夢見れそう。

そう、なによりも、夜がすごーーーーーく静かだった。
Djブースもないし、夜まで騒ぐparty野郎もいなくてぐっすりと眠れました。
お部屋のみんなもいい人たちで、気軽に話しかけてくれるし、スーツケース閉まらなかった時に手伝ってくれたりと。短い間だったけどありがと!
ということで3泊終了。


はい。次toad hall backpackers hostel2泊

出典hostelworld

Stables Lodge Backpackersでの3泊が終了し、残りの2泊はこちらのtoad hall backpackers hostelに。
外観からして、本当にプリティー!
ネイピアの街自体が、アールデコ調の建物が立ち並んでいるので、街にしっかりと馴染んでいる。

Jpeg

早速お部屋へ!6号室。


ツインベットのお部屋

Jpeg

泊まるお部屋にダン。
なんだかんだ言って、一人部屋が一番落ち着く。笑

ツインベットにしたから快適に睡眠できるにちがいないと確信。ベットの硬さも私好み◎


キッチン

Jpeg

お腹が空いたので、パスタ作り。
そしたら、外から犬やってきた。

「hello」 と声をかけてみた。

すると、じーーーーーーーーっとこっちを見てる、どうした。おい。なんか言えよ。
お腹空いたのかな??


早朝から起きた火事。。。。
12970362_971519476262769_118224521_o

そう。私がツインベットで快適に眠っていたの。

時間は、朝5時。

「じじじじじーーー」ととにかく夢の中で鳴り響く。
誰だよ、こんな時間にアラームかけてるやつ。

最初はそのくらいの気持ちで起きた。

そしたら、予想以上に廊下が騒がしい。。。おい。。。嘘でしょ?

廊下の人「火事だから、外に言って!!!」
「What?????」

嘘でしょ?

とりあえず携帯を持って外に避難。
着着とホテルに泊まってくる人がでてくる。

私は隣の部屋の子と「火事とかやばいねー」っと喋る。

数分後、でっかい消防車が二台と消防の方7名ほど着。

しかし、ホテルをみると一切燃えている気配はないし、煙の匂いさえしない。
ここでクスっと笑ってしまった。。笑

ぜったい、こんないらないでしょ。むしろ軽トラサイズの消防車で充分でしょ。。と

消防の方々、しっかりとヘルメットまで被りホテル内に入って捜査。
数分後、消防のリーダーらしき人がでてきて「問題ないです!」となり、拍手喝采。

あっという間の30分劇場。


なんでこういつも何か起きるのだろうか?

Jpeg

お母さんに、

「朝起きた火事のことやニュージーランドで暮らしてたった2ヶ月でいろいろ起きすぎだよね。私ニュージーランドから嫌われているのかな?」と珍しくネガティヴ発言してみると、

「いろいろ経験できてよかったじゃん!お母さんいま山登ってるからまたね!!」
どんだけ、ポジティブ。。。笑
母が元気で何より。

こんな母から生まれて私は今日も元気にやってます!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す