ロシアの若者は、なぜか交通事故番組が好き。

ロシア旅行にいった時のことなんだけど、ロシアの若者ってどんなテレビを見るんだろう?っておもったのが始まり。

疑問。

彼はロシア出身なんだけど、実家にお邪魔して始まったのがテレビ鑑賞。局番回して、見だしたのが「交通事故番組」
日本だと、教習所に免許更新にいった時にみる30分事故現場dvdみたいなイメージ。(見た時に思った。これ教習所でみる事故現場の例で出るやつと一緒じゃんって。笑)

チャンネル回せばどっかしらの局で流れてる気がする。

私の感覚からすると、なにがどう面白いのかが全くわからない。。。
だって同じような車が同じように車線から外れて、逆車線に走っている車のところに突っ込んでいく。この繰り返しのようなもんなんだもん。
だけど、彼は鑑賞しながら笑ってる

むしろ私から見ると、「ここ笑うところなのか!」ってところで。

謎すぎるぞ。


彼に聞いてみた。

私「なにがおもしろいの?」

彼「だって、運転がクレイジーでしょ!刺激的なドライブするとアドレナリンがでるし。ロシア人にとって免許を取得するのってとっても難しいんだ。だから、自動車学校にいって三回テスト(筆記・自動車学校内コース・路上)があって一発で合格する人ってまずいない。で、自動車学校の教習指導員にお金をあげて免許書ゲットできたりする、むしろ教習指導員もお金ほしいから三回で合格させなくてお金もらって、免許証をあげている感じ。」

私「!!!!!!なんだそれ。日本でそんなことあったらすぐニュースに上がりそうだわ。」

彼「あと、goproみたいなのを車のフロントに付けて走行時に録画しているんだよ。もし、事故があっても証拠になるからね!そこでたまたま、ほかの人の事故現場とかおもしろい走行の撮影ができたりしたらYouTubeとかにポストしているんだよ。」

私「なるほどね∑(゚Д゚)」


YouTubeとinstagramから見つけてみた。

まず、スピードだしすぎなんですよ、、みなさん。

映画のワンシーンかと思うような走りさばき。最後はご満悦にそうに「マリファナすいてー」のサインで締めていました。  

雪の日のドライブの楽しみ方は人それぞれです。


 おいおい気をつけておくれよ。ロシアで「自撮り」死亡事故が多発

どうやら、2015年の7月ごろにロシア政府は、危険なポーズでの「自分撮り(セルフィー)」の最中に悲惨な事故に遭う人が相次いでいることを受けて、自分撮りを安全な方法で行うよう呼び掛ける運動を開始したそう。こうした事故では、今年に入ってから数十人が死亡、約100人が負傷しているという。

http://www.afpbb.com/articles/-/3053967より

政府のホームページで発行されているパンフレットには、「武器を持ってセルフィーすると死に至ります」などといった、これまでに起きた事故を反映させた注意文が掲載されていました。

da2f9b049c600fb28dd2e60e7360b4fb_17238

出典:http://girlschannel.net/topics/416210/

da2f9b049c600fb28dd2e60e7360b4fb_16604

出典:http://girlschannel.net/topics/416210/

ロシア語だけど、イラストから注意されていることがわかる。どれも危険すぎて、チキンの私は無理です。


 

どんな実際事故があったかご紹介。

・21歳の女性が銃を構えて自撮り。誤って自分の頭を撃つ事故が発生!女性は頭部を負傷したけど、一命を取り留めたよう。
・10代の若者が鉄道橋によじ登ってセルフィーを撮ろうとして送電線に触れ、感電死する事故。
・若い男性2人がピンを抜いた手りゅう弾を持ってセルフィーを撮ろうとして自爆。

おいおい気をつけろよ。たしかに、この動画とかとったら、SNSでの拡散はすごいと思うけれど、死んじゃだめでしょ!


 

まとめ

刺激的なことって楽しいけど、やりすぎて死なないようにしましょうね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す