シンガポールにこんなカオスなparkがあるとは。。。タイガーバーム公園に一人で行ってみた。

シンガポールといえば、マーライオン、マリーナベイサンズ、美しい女性。。。富裕層向けに整えられているかつ、すべてが豪華なイメージです。。しかし、私、今回見つけてしまいました。笑
シンガポールにあるカオスで最高にマッドな公園を。。。

タイガーバーム公園(Haw Par Villa)


こちらが噂のシンガポール随一のカオスなスポット「タイガーバーム公園」。
この公園ですが、タイガーバーム (虎標萬金油) の売り上げで巨財を成した胡文虎 (en:Aw Boon Haw 、1882年-1954年) と胡文豹 (Aw Boon Par、1884年-1944年) の兄弟により建設されたそう

テーマとしては、中国の儒教・道教・仏教、様々な伝説・説話等をモチーフとして多数の奇妙な像1000種類(背筋がゾクゾクする)とともに伝えていくというもの。笑

ちなみにですが、シンガポールに建設されたのは1937年のことで、1935年に完成した香港のタイガーバームガーデンに続く2番目の施設だったそうです。(現在残っているのは、シンガポールだけのようです。2000年に香港は終了です。)

Jpeg

入場料は、無料。
さすが金持ちは、どこの人も大盤振る舞いですね。

予備知識としてはこんな感じ抑えておいて、さっそく現場に直行してみましょう。


タイガーバーム公園着。

Haw Par Villa駅を降りると、目の前に現れます。
まず、間違えなく目的地に到着できます。だって、もう、、、空気感が違いますもん。
えらいところに潜り込んでしまった感です。笑

しかし、現在工事中。工事のおっちゃん達に誘導されながら、中へ進みます。

Jpeg

掲示板を発見。
どうやら、pokemon GOのスポットのよう。
あいにく、シンガポールではスマホ用にデーターを買ってなかったのでpokemon GOを起動して何がゲットできるか確かめることができませんでしたが、、、何がゲットできるかかなり気になる。レアなポケモンがゲットできるのであろうよ。きっと。


さてさて奇妙な像をチェックしていきます。

Jpeg

みんなの人気者パンダ。いままでにパンダ嫌いなんていう人に出会ったことがありません。。だけど、ここのパンダはちょっと近寄りがたいかも。。。

何かの争いですかね?
下には、謎の笑みを浮かべながら子供パンダが見守っています。。

Jpeg

突如現れたのが、、、力士。景観無視で、なんでここに置かれたのかは謎。

左の力士、よく見るといい感じに上腕二頭筋が鍛えられている。笑

二人の真ん中には、しっかりとタイガーバームが置かれていてコマーシャル力バッチリです。たぶん。。(注意して見ないと気づかない。笑)

このパーク統一感というもが全くなく、きっと胡文虎が「ちょっと俺、力士をここに置きたいんだけど。。作ってくれない?!」て言ったんだろうな〜。

欲しいものは、すべて手に入れたいそういう主義なんだろう。

Jpeg

ここでは、中国の儒教・道教・仏教、様々な伝説・説話等を伝えています。

丁寧に、お話の説明が掲示板に掲載されています。(日本語あり)
解説を読みながら像をみてください。

どこからこのイマジネーションが湧いてきたんだ??となります。笑

Jpeg

こんにちは。

アメリカの象徴、自由の女神もしっかり鎮座。シンガポールで見れるとは思ってもいませんでした。

Jpeg

Hi Guys!!

セクシーな人魚のイメージとは裏腹な方向へ。

こんな人魚とは、遊びたくない。。。

Jpeg

ねずみの争い。どうも仕切っているドンは、ウサギさん。
怖いですから、ウサギさん。

もう、いちいちリアル。
左下のねずみたちは、カニュバッテルのかしら?

Jpeg

子供がみたら、トラウマレベルのジオラマの数々。こんな感じのが約1000体ありますのでじっくりとご覧くださいませ。

夜中思い出して、トイレに行けなくなります。


ここのメインパート!地獄編。

Jpeg

どうやらこの中は地獄で、何がどのように行われているかを再現しています。あのね、下手なお化け屋敷よりクオリティーが高いし、なんだろ。空気が、、お化けがいる空気を感じるってこういうことよ。
ま、そんな地獄の入り口へウッキウキしながら一人でGo。

工事のおっちゃんに二度見されました。
「この子ぜったいおかしな子じゃん、」っていう目だったよ。あんた。

 

どうやら地獄は、10段階に分かれているようです。
わたし的には地獄ってダンテの神曲・地獄編をイメージしていたのですが、タイガーバーム公園で描かれる地獄は、ちょっと違います。

刑罰の種類がね。

Jpeg

【第一裁判】まず、死んだらみなさん閻魔大王さんのところにいきます。
前世での行いを彼に審査してもらって、天国へ行くか地獄にいって罰受けるか診断。

Jpeg

【第二裁判】ここは、売春婦・強盗・ギャンブルなどをした方々が氷の山の頂上ににいって血のプールの中で浸されるという罰を受けます。

Jpeg

【第三裁判】ここでは、墓泥棒・ドラッグの中毒者・刑務所からの逃亡者などが、心臓を取られるという罰を受けます。

Jpeg

【第四裁判】ここでは、仕事を欺瞞した者・詐欺をした者・家賃を払わなかった者が、石の小槌に挟まれるという罰を受けます。

Jpeg

【第五裁判】ここでは、財産欲しさに計画した殺人犯・法と異なったレートでお金を貸した者が、針の丘で罰を受けます。

Jpeg

【第六裁判】ここでは、人を誘惑,ごまかし,罵倒した者・食べ物を無駄にした者が、体を半分に切られて木に吊されるという罰を受けます。

【第七.八裁判】写真忘れた。。

親や家族のためにトラブルを引き起こしたものは、腸と臓器が引き出される罰

自分自身に利益を与えるために他の人を傷つけた者は、体を切断

Jpeg

【第九裁判】ここでは、殺害・不法な行い・強姦・強盗をした者が、頭と腕を切断された挙句に、久松(生きとし生きる者にとって繁殖をするときに使う部分)をクラッシュさせられるという罰を受けます。

Jpeg

【第十裁判】罰のあとに到着するのがここ。「転生の輪」と「忘れの館」があります。閻魔大王は、ここで最終的な判断を下します。

Jpeg

老婦人の「孟子」が酒を飲んで昔の人生を忘れさせる魔法の茶を手に入れたとされる「忘れの館」に運ばれます。
その後、「輪廻転生の輪」を通過。
捕虜の過去の人生に応じて、彼らは人間としても動物としても生まれ変わります。
他の人は悲しみと苦しみに苦しんでいる間、いくつかは、安らかで快適な人生に生まれ変わります。

Jpeg

彼らが魔法の茶を飲んだ後、罪人たちは転生の車輪またはサムサラの6つの道の一つを通って地獄の裁判所を脱出します。

 

といった、地獄での一連の流れが学ぶことができますよ!!
社会科見学にもってこいだ私は思います。笑


いかがだったでしょうか?

金持ちが好き勝手作りたいものをひたすら作ると、えらいことになることがわかりました。

ま、わたしは一人で行って、一つずつ丁寧に見ていたおかげで90分くらいかかりましたがね。笑
だって、ツッコミどころしかなくて一人でニヤニヤが止まらないんですもん。
P.S.
公園にいた時に、アラブの金持ち?みたいな風貌の男二人組がいたんだけど、このシュールな像と共にやたら写真をとるのよ。
ポーズキメキメで。。。ときには像に肩を組んで写真をとったりね、、、

わたしは、それを横目で見て笑いを堪えるのに必死。

むしろそれを写真に収めたい。笑
彼らも自国でなにかの公園でも作るのかな?期待です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す