スタイリッシュなモニュメントが目印?!無料で楽しめるクライストチャーチのArt Galleryに行ってきた!

クライストチャーチといえば、5年前に起きた地震で名前を覚えている方も多いのではないでしょうか?
そう、現在も復興まっさかりのこの地ですがとっても素敵なArt Galleryを見つけたので早速行ってきました。

Christchurch Art Gallery


ここのArt Galleryですが、地震の影響を受けていたため復興完了まで閉鎖されていたようです。

クライストチャーチ市内の復興とともにこのArt Galleryも修復され新たにスタートをしたそうです。

市内の中心部にあるのでアクセスも良く、周辺にはオシャレなcaféが立ち並んでいます。
また、入場料は無料!
ニュージーランドの観光地はエントランス料金が高い所が多いのでこれはありがたい限りです。笑


では、さっそくArt Galleryに行ってみます。

DCIM100MEDIA

大きさはそこまでは大きくはありませが、ガラス張りで洗練されたスタイリッシュな建物はモダンな作りになっています。

屋根の上には、手の形をしているが人間のようにも見えるモニュメントが。
この作品の名前は、Quasi
手のジェスチャーは言語の一形態として読まれることからこのアイディアを採用したようです。
手は発言の中心でもあり、アーティストの手の一部でもありますからね。
それは創造のアイデアを指し、手は天才アーティストの源泉を指しているとも言えますね!

また、入り口付近には、牛さんがピアノの上に。

DCIM100MEDIA

ピアノの用の椅子に座って写真を撮る人がたくさんいましたが、私はあえてしませんでした。笑


ではでは、さっそく中へ

DCIM100MEDIA

この日は平日ということもあって混雑しておらず、ゆっくりとart 鑑賞ができそうです。

パンフレットや館内案内は窓口にあるのでスッタフに尋ねるといいですよ。
また、荷物などは預けるシステム。
もちろんこちらも無料です。
荷物を預けるとゴムリングを渡されるのでそれを腕につけながら鑑賞です。笑
しかも、ド派手にピンク。無くすことは、なさそうです。。。


では、鑑賞していきます。

DCIM100MEDIA

ちょっとピカソチック。

DCIM100MEDIA

オークランドのArt Galleryでもこのアーティストの作品があったな。けっこう大きめの絵。

色使いからだけど、すごい寂しい絵と感じる。

DCIM100MEDIA

こちら、コンビーフの缶で作られているようです。

DCIM100MEDIA

これ、家に持ち帰って置きたい。いや、これ自分で作れるよな。。と考えながら、牛さんの周りをぐるぐる回ります。

DCIM100MEDIA

変なネコちゃんをミッケ。なんか怪しいというか変態に見える。。。。
このアイディアはけっこうおもしろいね。

DCIM100MEDIA

どどーん!!

毛皮かと思ったけどモニュメントでした。

DCIM100MEDIA

しっかり、クラシックなものもあります。
イギリス貴族の絵やらお船の絵、飛行機の絵もありました。
Oilの絵をみると毎回おもうんですが、人生の中で一回は描いてみたいな〜と。ちょっとGoogle先生に聞いてみます。


いかがだったでしょうか?

クライストチャーチ観光するならサックと立ち寄ってみてもいいですね!

DCIM100MEDIA

しかも、ありがたいことにWifiが無料。しかも回線の速度も良い!!!!笑
居心地のいいソファもあるし作業がはかどりそうな机もあるのでノマドワークにもってこいのスポットです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-11-59-57

ちなみにですが、Art galleryの公式web サイトもオシャレなデザイン。
時間があれば、ちょっと覗いてみるといいですよ。


Christchurch Art gallery information

料金:無料
Wifi:あり
住所:49 Worcester Blvd
Christchurch
営業時間:10:00〜17:00
定休日:なし
URL: https://christchurchartgallery.org.nz/

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す