日本三名園!水戸の偕楽園で優雅な休日デートがおすすめすぎる件

みなさん、三連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
台風の影響でスケジュールの変更が生じた人も多いのでは。。私も予定だと塩見岳に行く予定でしたw

ですが、台風がすぎた月曜日のこと、急遽水戸へ行くことに、その際に立ち寄った偕楽園が素晴らしかったのでご紹介しますね!日本人ならここを知らなきゃ損です!!

偕楽園

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。園内には約百品種・三千本の梅が植えられ、早春には観梅客でにぎわいます。


MAPをチェック!

偕楽園は日本三名園のうちで唯一、入園無料です。
しかも駐車場までも無料!

徳川斉昭(江戸幕府第15代(最後)の将軍・徳川慶喜の実父)の懐の広さが垣間見れます。
なんせ、偕楽園のコンセプトは「領民と偕(とも)に楽しむ場にしたい」ですからねw


庭園の中には、旬のお花が咲き誇る

徳川斉昭公が、天保13年に伊達藩から譲り受けたとされる宮城野萩が中心に植えられ、150群(むら)が咲き誇り

彼岸花は秋の風情を感じさせてくれますね〜

中に入ると綺麗に手入れされた庭園が広がります。

都市公園としては、ニューヨーク市のセントラルパークに次いで世界第2位の面積です。
とてつもなく広く、しっかり市民の憩いの場として活用されていますね笑

また約100種3,000本の梅が植えられ、2月下旬から3月下旬にかけての「梅まつり」が行われているよう。

その時期また訪れたいものです。

適切な夕暮れの温度の下、公園内をゆったり歩いて優雅にデートというコースは最高すぎます。
絵に描いたようなデートというのはこういうことかとw

と、まあ私は両親+甥っ子という構成で行きましたが、幸せな時間を過ごせました。


好文亭へ

入り口の佇まいから感じる癒しの空間。
日本の建築物って本当に素敵です。

料金ですが、大人200円子供100円です。
ここは是非入館することを勧めます!

なかに進むと、高級旅館のような趣。
心が踊りますw

家のなかにまずはいると、落ち着いたテイストに暖かみのある灯りがポツン。

どうやら好文亭は、徳川斉昭自らが設計したもので、木造2層3階建ての好文亭本体と木造平屋建ての奥御殿から成り、各所に創意工夫と洒脱さがちりばめられています。

豪華絢爛の襖がズラリ。

家のなかで四季折々の襖を感じれるようになっている。
やっぱり、日本はとくに四季を大切にして生活しているのが特徴だね、

終始興奮が収まらないw

廊下でごろごろしながら本を読みあさりたいw

廊下の板をみると凹凸が。これはなんのためにしているんだろう。

廊下だけではありません。天井にだってこっています。

これだっておしゃれなデザイン。
一点一点細部までこだわり抜いているのが見て取れます。

文人墨客や家臣、領内の人々を集めて詩歌や慰安会を催しました。

なんだろう、ここにずっといれる。
そんな居心地の良さがあるんですよ、
この時代にうまれてここでお茶会に参加したかった。。。


二階へ

この広い階段は何事!!!
お城の天守閣に上るような感じの急な階段で、不意の敵襲に備えたもののよう。

階段を登ると広がるのがこの一面の庭園。

偕楽園の誇る景観がここで一望できます。

なんですか、このロマンチックな場所、もう終始うっとりです。
女子はこういう場所が好きなんですよ。

何も知らずに、こんなところ案内されたらもう心臓ばくばくです。

夕暮れ時というのもまた輪をかけてムードがいいのでしょう。
お母さんとテンションあがりまくってました。

お父さんと甥っ子はというと、さっさと一回に降りて仲良くトイレにいってました。
なんだ、この温度差w


ということで


水戸に住んでも良いなーと思ってしまいました。
この公園の近くに、そしたらなんか優雅に散歩もランニングもできそうな気がします。

徳川斉昭のセンスの良さにも驚き。
現在までこういった建物を残して文化や技術を継承していくことが日本にはさらに必要な気がします。

また来ます!!


施設概要

住所:水戸市見川1-1251
電話番号:029-244-5454
開館時間(好文亭):午前9時から午後5時まで(2/20~9/30)午前9時から午後4時30分まで(10/1~2/19)
公式サイト:http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す