伊香保温泉ランキング1位!ホテル天坊へ日帰り温泉を堪能してきた。

伊香保といえば石段街で有名なのはみなさんご存知。どうせいくなら石段街観光の後に温泉に立ち寄って汗を流したいですよね〜
ということで今回は伊香保温泉街でも特に人気のホテル天坊で日帰り温泉を満喫してきました。

ホテル天坊

伊香保温泉街でも多くの日帰り温泉施設が建ち並んでいますが、ホテル天坊では日帰りプラン(湯遊ランチプラン)というものがあります。

そう、これがとってもお得!

どうやら、入浴+昼食+デザート+ドリンクがついて2800円!!!!
日帰り入浴のみで1300円するのでランチも施設内で楽しみたいなら是非おすすめですね〜

お風呂はといういうと、伊香保の温泉は「こがねの湯」・「しろがねの湯」と2種類あるよう。期待が高まります


ではさっそく行ってみましょう!

関越自動車道渋川伊香保インターより20分ほど車を走らせるとホテル天坊に到着。駐車場は車が370台とめれるほど広くありました!

玄関にはスタッフがお出迎え。
迎えられている感で嬉しい。


料金

日帰り温泉
利用時間:午前11時~午後2時(受付は午後1時30分まで)
毎週、火・水曜日定休日
料金:大人1,300円 小人650円 2歳未満無料
※タオル210円 バスタオル520円(レンタル)

という料金設定。
ちなみに予約は必要ないです!


中にはいると

豪華絢爛。
エントランスでは、お花の植え替えが行われていましたw

休憩場所も素敵。

日本庭園を眺めながら、滝・野鳥の姿が楽しめる。

AM9:00~PM4:00まで、ドリンク飲み放題という太っ腹具合。
そこにあった、温泉の炭酸水が絶品。このサーバー家にほしいww


温泉までの道のり。

温泉は3階にあるので、エレベーターで移動。
エレベーターをでて右に進むと入口が。

靴を棚に入れるのだけどこの棚、お風呂に入っている間に靴を殺菌しておいてくれるよう。よくできている。

靴を脱いですぐのところに休憩室。
おおきな窓からは庭園が見渡せる。

温泉のほうに進むと男風呂の前に本がズラリ。
温泉に本がこういった形で置いてあるのって私の中で新鮮。
リラックスした気分で座ってただただ本を読む。なんて素敵な休日だw

プールの横を通りながら女湯へ


温泉内は撮影NG

でも大丈夫。
公式サイトからしっかりと確認してくださいw!!

で、私たちが入浴した時間がだいたい13時くらいだったのですがほとんど日帰り入浴客がいなく、贅沢に貸し切り風呂状態でした。

伊香保温泉の目玉。しろがねの湯とこがねの湯
しろがねの湯は、平成になって発見された新しいお湯で、無色透明。お湯の温度はそれほど熱くないのに体がじわじわと良く温まる、メタけい酸単純泉(メタけい酸単純泉?なんぞや?A.肌の新陳代謝を促進し美肌効果が期待できる“天然の保湿成分”と言われている)のお風呂

続いて、こがねの湯。そして別の名、子宝の湯。
リウマチ・神経痛・婦人病・冷え性など女性に嬉しい効能がつまっているといっても過言ではありません。
薬効が高いのでケガの療養に良くて、飲泉で内からもポカポカ体を温める作用がありますよ。

また、伊香保温泉の近くには子持山があり、その麓には子持神社があるのだとか。
子育てや安産の神として信仰を集めているパワースポットのようですよ〜


特に気に入ったのが、かくれんぼの湯。

これおもしろくて洞窟のようになっているんです!
この薄暗く狭い部分に囲まれている空間がすごい好きで、思わず長湯。
洞窟ってなんでこんな癒されるのだろう。
どなたかいい洞窟知っている人がいたらぜひご一報おねがい致します、即確認に参りますw


ということで

ホテルや旅館のお風呂は大衆風呂と違ってゆったりとお湯を楽しめるので大好きです。
子宝の湯が硫酸塩泉で好みの湯だったので定期的に傷を癒しに入りたいですね。

さ、今日はどこの温泉に行こうか、
まだまだ温泉巡りは続きます。


施設情報

住所:
電話番号:
日帰り入浴営業時間:午前11時~午後2時(受付は午後1時30分まで)
公式サイト:http://www.tenbo.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す