善光寺門前に佇む豪商の古民家で信州厳選食材を堪能。「鳥蔵別邸東屋」でディナーをしてきた。

特別な接待や友達とのディナー。善光寺周辺でお店を探していた時に姉から教えてもらったお店ですw

鳥蔵別邸 東屋


善光寺門前町問屋街として栄えた長野市善光寺東町には、昔ながらの古民家がたくさん残されているようです。

で、東屋は元砂糖問屋の豪商、廣木屋商店の蔵と母屋だったそうです。

1818年に建てられた土蔵の門をくぐり中に進みます。


さっそく行ってみましょう!

門をくぐると現れる別世界。明治時代にタイムスリップですw

ちなみにですが、ディナーの場合は予約を忘れずに。。
コース料理になるので準備が必要なようです!


お店の中へ

建物内は、当時の面影を残した純和風。
家具一つ一つにストーリーがありそうな面影です。

「ちょっと休憩に。。」と腰掛けたらしばらく座ってしまうソファーw

敷地面積約180坪で全室個室、個室は8室のみだそうです。個室ということもあって、夜は会食などで使用される方が多いそうですが、昼間なら赤ちゃん連れのママでも気兼ねなく入れるかと思います。

やっぱり、小さい子供連れていると個室が便利ですしねw笑


席に着き、料理を待ちます。

漆器のお箸のセンスが光りますね〜

席に着き飲み物を注文。今回は、お祝いだったのでシャンパンをチョイス。

これが、程よく甘みがあって飲みやすいんだな〜

そして、こちらを飲むと会話が弾む弾む。
「おしゃべりシャンパン」となずけましょう。

辛口もオススメですよ


お品書きをチェック

メインが信州プレミアム和牛のコース。少し料金をあげるとさらに魚をつけることができるコースもありました。

先付け。

冷製茶碗蒸しに、もずくがのっています。もずくをのせたことによってさらに食感がうまれて喉越しがいい。

家でもやってみよーっと!

前菜。

信州豚ロースに信州サーモン。信州付けですw
信州サーモンって噛まなくても自然に口の中でとろけるんですよね。不思議

お造り

テンポよくパクリ。

替え鉢

個人的ヒットがこちら。
真鯛からのいい風味と揚げたナスからでる油のコクがたまらない。
おかわり希望w

肉料理

おおおおきくスライスされた和牛を付け合わせのタレといただきます。
高級な冷しゃぶを食べている感じですねーw

脂身が少なくあさりとしていてパクパクいける。

食事

そろそろお腹も一杯になってきましたw

お蕎麦が意外と量もあり、仲居さんが「ごはんもお持ちしましょうか?」と聞いてくれましたがさすがに遠慮しておきました。。。

デザート

やっぱり、東屋のプリンはいつ食べてもおいしい。自家製プリンで濃厚なんですよ。
冷蔵庫に常にストックしておきたいw


母が幸せそう。

料理、お酒。質のいい食事だからこそお酒も進む。進む。進んだ挙句に、母の話が止まないw
でも、話している母はとっても幸せそう。20代の女子といったところでしょうか。
何より、親と酒の席を持つことって幸せなことなんだな〜と思う。

25歳夏。

人生の中で一番両親と会話をし生活を共にしている気がする
小中高はにバレーボールに明け暮れ、県外飛び回っていたので親と過ごす時間があまりなかった。
その後も破天荒にライフを進行し、八丈島にいたりカンボジア、マレーシア、アメリカ、スペイン、フランス、ロシア、その他各国もろもろ、後ワーホリでニュージーランド。

家にいた試しがないw

だから、今少しずつ親と過ごす時間を埋めている気がする。
親はきっと「楽しそうにしている子供を見るのが一番」なんだろうなー。
まさか長野で働くともおもっていなかっただろうしw

柔軟性のある考え方の家庭で自由にさせてもらっていることに日々感謝です。


ということで

おしゃべりシャンパンが効いて、閉店間際まで滞在。
お外にでたら大雨で、、土砂降りのなか酔っ払いたちは走って車に乗り込み、家に帰宅。

母は、おいしい食事とお酒を堪能して幸せそうにスヤスヤ眠りました。
よかったよかった。

うん、こんなことを毎週している家族ですw

ランチもおすすめなのでぜひ〜

豪商の旧家を改築した鳥蔵別邸 東屋で贅沢ランチを堪能してきた。


お店情報

鳥蔵別邸 東屋
住所:長野市東町104
電話番号:026-266-0160
営業時間:11:00~14:00 (ラストオーダー13時15分)17:00~22:00
定休日:日曜日
URL:https://goo.gl/Pcztvj

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す