ニュージーランドで2degreesのSIMカードを購入。

そうそう。ニュージーランドでの携帯事情についてまとめておこう。ピンチの時に『携帯電話』や『Wi-Fi』がないとまじで不安に駆られますからね。。。

3つの大手キャリア

Vodafone

Spark

2degrees

とまあ日本と同じように3社が大手キャリアとして人気を誇っています。

一番現地の人が使っているのが、Vodafoneだと思います。私の市場調査だと。笑


 

契約時に必要な物

・ワーキングホリデー証明書

・パスポート

・住所証明など

てな感じだと思われる。

基本、何か契約する時はこれ持ってけばまちがいない。


私がチョイスしたのは。。。

3社の中で私がチョイスしたのが、2degreesです。

詳しくは→会社ホームページ

私が購入した場所はスーパーマーケット内にある2degreesでした。小さな街の商店でもsimカードは購入できますよ!

スクリーンショット 2016-02-19 15.11.50プランなんだけど、プリベイド形式だとすぐに速度使い切っちゃうと思って、月払いのプランにしました

49.95NZドルのやつ。とりあえず、2.5GBでお試ししてみるの。

でも通信費は、日本にいる時よりは確実にお安いと思う。

12765650_940542159360501_1926564226_o

SIMカードは5.0NZドルで購入し、SIMはノーマルサイズとmicroサイズどちらでも使えるものでした。

もともと日本でワーホリ用に購入しておいたzenfone2(SIMフリー)にカードを挿入。

 

設定などは全部、ショップのスタッフにやってもらいました。笑

ガム噛みながら裸足姿のスタッフ。聞きにくいけど、伝えて初期設定を完了させてくれました。


まとめ

よく市内でみるのがこのSparkFreeWi-Fi。

free-wifi-zones-new-zealand出典:https://www.spark.co.nz/help/techinasec/what-can-you-do-with-1gb-of-data/

この電話BOXのような場所に行けばwifiを拾うことが可能ですよ!

観光できているならわざわざsimカード契約しなくてもいいかとおもいます。

実際オークランドの市内では、マクドナルドやスターバックスなどのチェーン店はもちろんのこと、
各カフェやレストランで、利用客向けに無料Wi-Fiを提供しているところもおおいです。

が、やっぱりなれない土地で長期滞在する上でモバイルネットワークは必須だと思いますので、
契約するのがいいと思われます。笑

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す