鹿児島に行ったら白熊(しろくま)カキ氷食べなきゃ!本家 「天文館むじゃき」で本場の味を堪能してきた

GWに屋久島に行って、鹿児島空港から飛行機に乗るために宿泊を鹿児島市内でしたんです。市内を歩くと見かけるのが、白熊カキ氷の情報!鹿児島といえば、黒豚とさつまいもかな??くらいしか認知していなかったんです。白熊カキ氷確かに長野でもコンビニでよく見るけど(コンビニでよく見るのは、セイカ食品のもの!)、まさか鹿児島発祥ということを現地で知り、それは本場の味を食べとかなきゃ!となった訳ですよ。
いやーーーーあれは美味しいわ。長野でやりたーい笑

白くまとは?

白くまは、かき氷に練乳をかけ、フルーツや豆などをトッピングしたものがスタンダードとして親しまれています。鹿児島市が発祥の地で、市内の多くのカフェや飲食店で提供されているよう。氷の味やフルーツの種類などは店によってさまざまで、バラエティーに富んだ「白くま」が楽しめるそうな。

名前の由来もなかなか面白く、どうも諸説あるらしい!

1932年か1933年ごろ、鹿児島市西田本通りの綿屋が夏の副業として販売していたかき氷の新商品として作られた、練乳をかけたかき氷の名称に練乳の缶に貼られていたラベルに描かれたシロクマの絵を借用した、という説があり、鹿児島県、セイカ食品が採用している[

1947年に、鹿児島市の喫茶店「むじゃき」創始者の久保武がミルクのシロップをかけたかき氷を考案し、豪贅に見えるようにみつ豆の材料の三色寒天、サイコロ状に切り落とした羊羹、あずき豆、缶詰のフルーツ、干しブドウなどを色鮮やか盛り付けて好評を得た。これの干しぶどうが目に見えて白熊に似ていることから「白くま」と命名したという説[3]があり、主にむじゃきが主張しており、時期や店名の限定なしで丸永製菓が採用している[4]

天文館むじゃき

「白くま」の誕生は諸説あるものの、その一つは大衆食堂「天文舘無邪気」が昭和24(1949)年に発案した説。

さすがに、そのサイズは一人では無理w

戦後間もない昭和22年、弊社創始者”久保 武”によって考案され、昭和24年に販売を開始!イチゴにミルクをかけてみるとおいしかった事をヒントに氷に練乳をかけてみることをはじめたそう。改良を重ねて独特のさっぱりとしたミルクに仕上げました!
さらに彩りを加えるために、洋菓子の感覚で中にさいころ形の果物や、十六寸(トロクスン)豆を入れ、外側に、アンゼリカ、チェリー、レーズンをトッピングすることもスタートさせ、現在の『白くま』のベースとなったようです。

天文館むじゃき本店では、毎年6月に開催される“白熊誕生祭”にて、その当時の白熊を再現し、販売をしているようですよ!
かなり気になる!!

白くまの作り方!!

本店に作り方が掲載されていました!ご参考にどうぞ^^
お家だと、どうもあの氷のふんわりした感じが再現できないのだよね。これは企業秘密だ

本店以外にも、雪印メグミルク森永乳業にも独自の白くまレシピが掲載されていましたよ!


お店に到着

すでに夕食を済ませていたので、お店に到着したのが9時ごろだったような気がします!ですが、列ありですからね笑
おそるべし本店の白熊カキ氷!!

メニューを拝見

さすが本店です。私がイメージしていた白熊カキ氷だけでなく、メニューが豊富なのも特徴的!なんと14種類もある、、
「焼酎みぞれ」なんというものも。。いも焼酎をシロップとし、トッピングには、あえておつまみになる食材を選択。どんなテイストなのだろうか??

開発者のアイディアが斬新で、味の想像が全くできないところが◎
実際に食べてみないとわかりません!!笑

メニューをみながら他のお客さんの食べているものをチェック!
サイズは、レギュラーサイズとベビーサイズがあり、今回は家族で来ていたので、いろんな種類を食べたいという意見に。ベビーサイズを4品選択し、今か今かと白熊を待ちです。

夕食にお肉をたくさん食べたのに、カキ氷は別腹なんだと感じます。また、酔っ払っているところカキ氷を食べるのは初という試みです笑


白熊カキ氷達が運ばれてきました!

私の注文したのは、王道の「白熊」
レーズンが白熊の目と鼻にも見えるトッピング、愛くるしい!

では、早速スプーンですくいます。
ふわふわのかき氷の上にたっぷりの練乳と蜜。
一口食べたらフワッと消える氷がたまりません!!
「こんなに濃厚なかき氷ありますか!」と。笑

練乳とミルクの味がたまらなく、フルーツもたくさん乗っておりなかなかのボリューム感です。

ちなみにテイクアウトもあったり、オリジナル商品の販売もあったりとファンが喜ぶしかけもたくさんありました!


ということで

特にお母さんは、日頃カキ氷は全く食べないのに、ペロリと完食していて家族一同びっくりでした!笑笑

「天文館むじゃき」さんだけでも、ヨーグルト白熊、ストロベリー白熊、コーヒー白熊、そして禁断の焼酎みぞれまで、10種を超えるバラエティ豊かなラインナップがあるのですが、鹿児島市内のカフェにはマンゴーやハーブスパイスシロップがかかったバージョンなど、様々な白熊がたくさんいるらしいのです!!鹿児島に来るたびにちょっとずつ試せたら楽しいだろうな〜


お店情報

店名:天文館むじゃき アミュプラザ
住所:鹿児島県鹿児島市中央町1-1 アミュプラザ鹿児島
電話番号:099-256-4690
営業時間:月~木 10:00~20:30(LO 20:00)
金・土・日・祝・祝前日 10:00~21:00(LO 20:30)
定休日:なし
お店公式サイト:http://mujyaki.co.jp/

コメントを残す