天竜川の自然を満喫!水しぶきのかかる豪快コースで舟下りをしてきた

ブログを書きながら蚊の襲来が後を絶たず、耳に近ずいてくる蚊と戦っているなか更新しています。
本当に蚊とペリカンだけは苦手なんですよね。。

さておき、今回は長野県飯田市にある天竜川で舟下りをしてきました!やっぱ暑くなると川に行きたくなりますよね〜
川を見るだけでなんだか涼しくなってくるw

天竜舟下り


天竜川(てんりゅうがわ)は、長野県から愛知県、静岡県を経て太平洋へ注ぐ天竜川水系の本流で、一級河川のひとつとして知られています。
天竜舟下りは、長野県飯田市にある弁天港から時又港まで距離にして6キロをおよそ35分かけて下りるコース。
県立公園鵞流峡の渓谷をあざやかな艪さばきで急流を進むという豪快で自然を満喫できる舟下りになっています。


舟頭のラインナップがおもしろくて一人で笑いが止まらない。

曽根原舟頭

湯水の如く湧き起こるアイディア。天竜のエジソンと自負しているが、本当にすごいのはボツになった企画の数。

村松船上カメラマン。
公言している割に大した写真は今の所まだない。

と舟頭のキャラがやたらと濃いw

詳しいラインナップはこちら


事前に予約していくとお得

通常料金が、大人(中学生以上)2,400円
子供(小学生)1,200円

ですが、じゃらんから予約すると200円OFFになるんです!

直接現地でチケットを買うこともできますが、時期によっては満員ということもあるので予約していくのがベストですね〜

せっかくのデートが台無しになる前に、予約はしておくべきです。


運行時間

一時間に一回運行される感じになります!


では行ってみましょう。

車で飯田ICまで行き、さらに15分ほど車を走らせると目的地に着きます。

さっそくチケット売り場で予約の確認をし時間を確認しました。

待ち時間が少しあったので施設内を散策。

どうやら天竜川の鵞流峡(がりゅうきょう)エリアに、放置竹林(手入れをされないまま放置されている竹林)が広がっていて、これが環境問題になっているのだとか。
なんと、竹って1日に1メートルを超える速度で成長することもあるそう。。。
これによって作物の育ちが悪くなったり、里山がどんどん荒れていってしまうようなんです。

これまでも竹の伐採は行われていましたが、対処しきれないほどの竹の量に。

そこでこの竹を利用して考えられたのが竹ボイラー!!

太い竹三本で灯油18ℓ分ですからね。
これは今後期待できそう。

http://moki-ss.co.jp/

なるほどなーと感心


救命具の説明を受ける

大人用、子供用それぞれ救命具がありますよ〜
やたらと丁寧に教えてくれますw


ではいざ出陣

てくてく。

読んでいる暇もなく、乗り場へ

舟に乗りこむと、とんびの朝食タイム!!
船上にはとんびの餌なるものが販売されているではないですかw
なんと良心的に100円。
子供は喜んで餌をとんびの方に投げつけると、とんび急降下して餌をゲット。
この迫力がなんともすごい。

「本当に舟にぶつかってくるのでは?」と思ってしまうくらいの臨場感。

とんびの餌時間も終わり、

舟は、ぐんぐん進む。

これはお尻岩というらしい。。。

たしかに触りたくなるような形w

TVのロケなどで利用されている美しい幻想的な渓谷。
川遊びに来ていた家族連れの姿もありましたよ〜

ここだけプライベートビーチのような風貌w

舟の先頭に乗っていたので、川の流れが速くなると水しぶきが降りかかります。
先頭になると水しぶきを防ぐビニールのようなものを先頭切ってコントロールする必要があります。タイミングが合わなくなると、水を豪快にかぶることにw

これは船頭といかに息を合わせるかによるということになりそうです。

このアングルは最高ですね。
新緑の季節ももちろんいいのですが、紅葉シーズンも見応えがあります!
冬は雪が降る中になるかとおもうので、寒さに負けない強い心をお持ちの方ぜひ。
景色は綺麗だろうな〜

舟下りも終盤。

あかしやの木を発見!!
これてんぷらにすると激ウマなんだよな〜
都会っ子にこれをいうと、びっくりした顔で「Are you sure??」状態・・・

信じて食べてほしいものだ。

上陸!
さすがベテラン船頭。手際よく陸に船をつける

どうやら船はクレーンで上げられて、出航した弁天港まで運ばれるよう。

乗客はというと専用のバスで、パーキングまで連れて行ってくれるのでそちらを利用します。この日は30度超えだったこともあり、バス内はキンキンに冷え天国状態でしたねw


ということで

35分間の舟下りでした、予想していたよりも水によくかぶりましたw

しかし船頭曰く、この日は水の量が少なかったので、そこまでスピード自体も速くなく水しぶきも少ないほうだったとか。雨上がりの日とかに来たら20分から25分で下ってきてしまうらしい。スリルを求める方は雨上がりが狙い目ですね!

ちなみにですが、近辺の食事に困ったら明治亭へ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す