タイの結婚式に参列したらびっくりするコンテンツが盛りだくさんだった笑

先日タイ人のお友達の結婚式がありバンコクに行ってきました!
日本で行われる結婚式は何度も参列しているので流れがわかるのですが、なんせタイの結婚式は初参加。何から何までわかりません。笑

ということで、今回タイの結婚式に参列を果たして感じた事前準備に必要なことや結婚式当日の流れなど押さえておくべきポイントを紹介していきたいと思います!

タイの結婚式事前準備!!

タイ結婚式の服装

今回はブライズメイド( Bridesmaid:花嫁のサポート役のこと。 新婦の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのことです )で招待されていたので、専用ドレスを作ることに!タイのお友達が生地を買ってくれていたのでお好みのデザインを伝え、ドレスをバンコクで作ってもらいました。 

ブライズメイド以外の人たちはドレスの人の他にも男性はシャツにスラックスというそこまで正装ではないけれどオシャレに決めている人たちばかり。みなさん華やか×3に着飾ります!!!

また、結婚式によってテーマカラーが存在します。
ちなみに今回はシルバーがブライズメイドカラーでした。
挙式と披露宴で服装が異なることもあるので、招待してくれた新郎新婦に確認するのが一番です!!

ちなみに、、、

タイの結婚式では「死を意味する黒」と「血を意味する赤」は着てはいけないと言われています。

ただ、一緒に参列したタイの友人によると、新郎新婦のルーツによるとのこと。

タイは歴史的に中国系の移民が多くて、中国にルーツがある人は黒や赤がタブーという風には捉えないそうです。

※不安なことがあったら早めに新郎新婦に相談することをお勧めします。


タイのご祝儀はいかに。。

ご祝儀を渡すのは、披露宴の受付のタイミング。

披露宴会場には受付が設けられているので、参加者名簿(日本でいう芳名帳)に名前を書いて置いてあるボックス(可愛らしい鳥かご)にご祝儀を入れた封筒を入れます。

ご祝儀を入れる封筒はなんでも良いように見受けられました!せっかく日本から来たので可愛い日本式のご祝儀袋にいれておきましたよー

気になるご祝儀の額ですが、調べたところ

  • 親しい友人:1,000〜2,000バーツ
  • 友人や同僚:500〜1,000バーツ
  • 部下(上司の場合):3,000〜4,000バーツ

とのことです。

私たちは1500バーツを包み鳥かごへ!今回はお友達のコンドにも泊めてもらっていたのでお礼も込めてご祝儀の他にもプレゼントも渡しました。(日本製の美容機器!笑)

また、ブライズメイドの役割を果たすとお礼に新婦(お友達側)の両親からご祝儀をいただくということもありましたよ。


結婚式当日

結婚式が行われたのがペニンシュラでした。前日からペニンシュラに泊まり結婚式に向けて準備です。笑

なにせ結婚式当日は朝5時からスタートということで登山並みの速さに起床して準備を開始!!
前日にカオサン通りのクラブに遊びに繰り出していたのでホテルに帰宅したの深夜。ほぼオール状態で結婚式に挑みます。

本当にハングオーバー!みたいことにならなくてよかった笑

新郎新婦は何時から準備を始めているのか、考えただけで、、大変そう笑


タイ式の結納

驚くのが、招待状に記載されている時間通りに始まらないこと!!
司会の人が2名(男女)いてズーーーーと喋っているんだけどなかなか会が進まらない?いや、もしかしたらゆっくりと進んでいるのかも。。

新郎家から貢ぎ物の紹介や両親への感謝を伝えたり伝統的な少しかしこまった内容のものがかなりフランクに進んでいきます。

卵を新郎に食べさせたりと日本では見たことのないイベントが続きます。

挙式はゆるーい感じで写真撮影を度々挟みながら進みますが、いつ終わるのかわからないほど長いです。

もちろん結納時間が長いので朝食もでます笑
後ろの方に軽食が並べられているので好きにタイミングで取りにいき結納を見ながら食べるシステムです。結構斬新

世界にはいろんな結婚式スタイルがあるものだなーっとつくづく思います。

甘いおもち汁。
どんどん焼きで食べる餅にそっくりでした。サイズ1cmくらいの餅がたっくさん入っている縁起のいい食べ物でしょう!笑

その他には餃子・ヌードルスープ・コーヒー・紅茶もあり、、ヌードルが特に美味しく3倍もたべてしまいました笑


新郎に向けての試練を与える儀式

新婦(お友達)の友人がリボンを持って、行く手を塞いでいるんです。

そこで新郎は新婦友人からお願いされる課題に対して絶対「NO!」とは言ってはいけないというイベントが開催されます。笑
イベント名はわかりません。。。

新婦に対して「愛してる部分を10個言って!」や「プロポーズをもう一回して!」「愛していると日本語で言って!」など課題が続きます。

これが意外と盛り上がるので、日本でも取り入れてほしい笑

こう言った感じでゆるゆるーと進み朝5時から9時30分過ぎ辺りまで結納を行なっていました。笑


披露宴

受付終了後に自由に入場できます。
今回は400人くらい入っていたのかと思うのですが、とにかく友人の数よりも親戚の数や何かしらの関係者(仕事??)がすごい!!!!

こんな数の多い結婚式は日本では出席したことはまずないです。笑

料理は中華料理でした。

これがやけに美味しい。魚の腸?っていってたような。。。そこに醤油みたいなソースをかけるとコクが増してさらに美味しかった!!

こやつも美味しい。


とにかく写真を撮りまくる!!

結納・披露宴・アフターパーティーまでとにかく朝から晩までカメラマンが二人同行して写真を撮りまくります。つきっきりでライトをひたすら持つ係まで!
最後の方に話しかけてみたら「まだ元気だ!」と話していました。
顔はすごく疲れていたのは確かだけれども。。。笑

タイの結婚式は写真撮影会だ!と強く感じました。
今回だけで何枚写真撮ったのかがすごく気になる笑


アフターパーティ

アフターパーティーもド派手にいきます。
入った瞬間にDJがすでに場を盛り上げていました。
そこから生バンドの演奏+歌が始まり会場の盛り上がりもピークに!

普通にサックスの演奏がうまかった笑

そしてシャンパンを飲み、踊りまくる私。
フルマラソンで鍛えた体力を存分に発揮し、楽しいダンスパーティーでした笑


ということで。。

今回始めてタイの結婚式に出席しましたが、日本の結婚式と違う部分ばかりで本当に世界はいろんな結婚式があるなーと感じました。

タイは特に人をたくさん招待して派手に結婚式を挙げるのが好きそうです。

また一番驚いたのが新郎新婦が全く席に座らないこと!
披露宴に関しては席は用意されておらずズーーーと立ちっぱなし。
それに加えて結婚式に参加してる人たちとの写真撮影に笑顔で対応する。

おそるべし人間性を見せてもらいました。

ということで、、、
バンコクに来てお友達をお祝いでき、すごく光栄でした。
次回はどこの国の結婚式に呼ばれるか今から楽しみです!!

 

コメントを残す