みんな大好きCookie Time!!クライストチャーチにある専門ショップに行ってみた。

やっぱりニュージーランドにいるならCookie Timeは外せないおやつです。
スーパー・コンビニ。。どこに行ってもこの商品が陳列されています!笑
ということで、どうやら専門ショップがクライストチャーチにあるということで早速行ってきました。

Cookie Timeとは?

DCIM100MEDIA

1983年2月、クライストチャーチの21歳MichaelMayellによって作られたそう
出始めは、自宅のキッチン!
そんなある日、アメリカのクッキーショップに触発され、彼は古典的なアメリカの主婦のクッキーレシピを知りたいと思い友達に電話をかけ、そこから彼なりに創意工夫を重ねました。

チョコレートは、ベーコンスライサーでカットされCookie Timeの特徴の一つでも言える、ごろっとしたチョコがたくさん入ったクッキーが誕生しました。

また、1996年から2008年までの12年間、世界最大のクッキーを作る会社としてにギネスブックにも認定されていたようです。

本社はクライストチャーチにあり、専門ショップはクイーンズタウンにもあるようです!
うわさだと、クイーンズタウンにあるCookie Timeのショップのお姉さんがたは美人が集められているそうです。
チェックせねば。。。


さて、さっそくCookie Timeのショップに行ってみましょう。

クライストチャーチ市内から少し離れたところにあるので、車で向かうのがベストだと思われます。

おなじみのCookie Timeのキャラクターがあなたを待っていますよ。

パーキングエリアに車を止めて中へ行きます。平日の昼前でしたが車でいっぱいでした。


さっそく中へ

DCIM100MEDIA

中へはいるともうここは、Cookie Timeのテーマパーク。
これでもかとクッキーが並びます。笑
子供たちの興奮具合といったらもうすごいですよ。目がキラキラしていますもん。このクッキーがどうだこうだと、パパに説明していました。
ここぞとばかりにおねだりしている姿がとっても可愛らしかったです!笑

ここでは、普段お店の棚に並ばないフレバーのクッキーもあるので、ファンなら興奮すること間違いなし。
DCIM100MEDIA
ちなみにフレバーは、クランベリーとアプリコット!!
まだ、トライはしたことがないのでこのチャンスに購入しました。

DCIM100MEDIA

ほかにも、Cookie TimeのキャラクターのぬいぐるみのUFOキャッチャーがあったり、

DCIM100MEDIA

Cookie Timeの車があったり。。(この車の中に入って撮影することも可能です!)
DCIM100MEDIA

Tシャツがあったり。
これ、友達の誕生日プレゼントとして買ってあげようと思ったのに、台湾人の友達(誕生日の方)に伝えたら、拒否られた。。。。
あんなにCookie Timeが好きで毎日食べているくせに、もーなんだよ。。。照れちゃって。

 

客層ですが、ローカルのKiwiの人たちもいるし観光客もいるといった感じですね。
やぱり、ローカルの方は買う量がすごい。この男性何を思ったか、箱買いですよ。。。。しかも2箱。子供会かなんかあるのでしょうね。きっと。
でも、子供がいたら大喜びで、パパがヒーローになることは間違いなさそうです。笑


Cookie Timeのwebサイトもチェック!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-22-35-56

メインのサイトからは、Cookie Timeの歴史やら商品説明などを確認できました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-20-15-49

今だと、このサイトからクリスマス限定の商品が購入可能だそう。
パッケージのデザインも5種類あって、悩んでしまいますね〜〜


ということで。。。

DCIM100MEDIA
Cookie Timeの専用ショップですが、とっても可愛らしい作りになっていて子供から大人までCookie Timeのクッキーを楽しめます。
大人買いするなら専門ショップにきて購入するのがいいかと。

友達曰く、このCookie Timeのショップでもセカンドになっているクッキーが売られているそうなんだけど、普通の商品と値段がほぼほぼ変わらないので買わないのだそう。
台湾だと、セカンド商品はかなーーーーーーりお得な値段で買うからここで買うのはばかばかしいといっておりました。
以上です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す