長野市内の住宅街にひっそりある人気の手挽きそばの名店「蔵之内」で蕎麦を食してきた!

長野の飲食情報を毎日のようにインスタに発信している@hahahaishyaさんなのですが、たまたま長野市内でお蕎麦を食べたようで、見ているだけで食べたくなってしまいました。笑

 

View this post on Instagram

 

鯛の漬け丼物&蕎麦セット 柚子と黄身と鯛でウマーε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

A post shared by はいしゃ (@hahahaishya) on


いやーどうみても美味しいでしょう。
心を落ち着かせていざ出陣!

蔵之内

「長野市でおいしいおそば屋はどこ?」と聞いたら、必ず名前が上がってくるお店。口コミが広がり、休日となると駐車場には県外ナンバーの車もずらりと並びます。地粉にこだわって仕入れた玄そばを自家製粉。寝かせてから打つのが蔵之内流。のど越しが良く、キリリとしたコシがあり、香りのたつそばは、これぞ本物の味わい

長野市内の住宅街にあり、車がないとなかなか行きづらい場所ではありますが、、それでも行ってみてください!!笑


早速行ってみましょう!


土曜日の11時ごろお店の開店と同時に着!
すでに4台ほど車が停めてあり、急いでお店の中に向かいます。
まだ、開店時間だったの並んでいる人はいなくスムーズ中に入ることができました。
なので並ばずに食べたい場合は、開店と同時にお店に入るのがいいかと思います!!


店内は落ち着いた「和」

店内はテーブル席とお座敷の席があります。
子供と来てもよし、カップルで来てもよし、年配のお友達と来てもよし!誰を連れてきても座りやすい席となっています。

内装は、美しく空間を照らす和の照明には日本の美が詰まっていて心が落ち着きますね〜。
日本ならではの素材である和紙の障子や和を引き立てる絵なども雰囲気をうまく引き立てているようでした!

また、スタッフさんの対応もよく丁寧に話しかけてきてくださるので、なんだかそれだけで安心できてしまいます。笑


注文しましょう!

メニューを見ると地粉の文字が!
それだけで期待値がグーーんと上がってしまうのだから不思議です。笑
メニュー表を見ると限定書品の説明を発見。
これは、hahahaishyaさんが紹介していた「鯛の漬け丼+そばセット(限定5食)」ではありませんか!
店員さんに「まだありますか?」と早速確認。
「まだありますよ!」ということで注文します。

本当に開店と同時に来て良かったと思える瞬間でした。笑

ドリンクメニューでは特に、地酒が充実しております。
ドライバーでなかったら、大好きな「佐久の花」飲みたかったな。。


長野は地酒の種類が多く、良酒な日本酒を堪能できちゃうのがまた好きなポイントなんだよなー。


いただきましょう〜

ランチから豪華すぎませんか?笑
お蕎麦の量も多く、これで1200円というから驚きです。

早速お蕎麦からズルズルといただきます。
蕎麦は黒姫山麓の自家栽培のものと、伊那産の玄そばをブレンド!
コシがしっかりとしていて、瑞々しく、喉ごしも最高です。
その様子を見ていたお店の方が「塩はいりますか?」と声をかけてくださり塩を持ってきてくれました。
この心遣い、さすがです。
塩でいただくと、味にメリハリが出ますね〜。
その後は山葵でいただいたり、蕎麦汁でいただいたりしました。

鯛の漬け丼は、愛媛宇和島の鯛めし風
大きな卵の黄身に甘辛の醤油だれをかけ、すだちを搾って食べます。
濃厚な黄身のトロっとしたところが鯛の身にうまく絡み病みつきに。。
あっという間に食べ終わりました。笑

ビジュアルも本当に食欲をそそるし、食べさせ方も良い。
これはリピート決定!!

蔵之内さんにきたら天ぷらもおすすめです!
天ぷらは、ボリュームありで、カラッサクなんです。
海老は小粒ながらもかなりの肉厚でプリプリもっちりと風味・甘みあり美味しくいただきました。


ということで

蕎麦は田舎そばのみですが質がとても高く、他の料理もバリエーションが豊かでどれも美味しい。
量・質ともに満足出来る、長野市内の貴重なお蕎麦屋さんですね!
県外や海外のお友達がきたら是非連れて行きたいお店の1つとなりました。

また、食べながら思ったのですが、どの器も本当に素敵。
どんな作家さんが作っているのか店員さんに聞けば良かったです。。。
次回聞いてみよっと!

ご馳走様でした〜


お店情報

住所:長野県長野市大字高田391-4
※お蕎麦がなくなり次第終了
※小さなお子様連れ、また大人数でのご来店は事前の連絡がおすすめ

コメントを残す