ラグランでキャンピングバス生活する友達の家に泊まりに行ってきた。

ニュージーランドは、ただいま夏に向けて準備中でございます。
ただいま、ハミルトンに滞在中なんですが、週末はお隣にあるラグランへ友達に会いに行ってきました。家に着いたらびっくり、彼女バス生活していたのです。。。

Raglanとは?

サーファーなら一度は訪れたいニュージーランドを代表するサーフィンの町で有名なのがラグランです。

ハミルトンから西へ48kmに位置するラグランは、国内有数のビーチリゾートです。夏にはサーフィンや海水浴を楽しむ人でにぎわいます。さらに西部のマヌ・ベイやホエール・ベイも良い波が立つことで有名。世界各国からサーファーが集まるスポットです!


彼女の家に向かいます。

ハミルトンから彼女の家までは約1時間。ハミルトンを出たのが夜8時30分過ぎだったので着くころには日も暮れて真っ暗でした。

なんせ、彼女が住んでいるところは周りに住んでいる人がチョッロっとしかいなく灯が全くない。教えられた住所通りに車を走らせたのですが、着いたところは真っ暗闇の道の真ん中。。笑

彼女に電話すると「ここだよ!!!」

といわれたのですが、まったく彼女の姿が見えない。。すると、暗闇の中かから手をする姿。ホラーかと思いました。笑


着。

誘導された方向に車を走らせ着いた場所は、野原のなかにポツンと駐車されたバス一台あるのみ。

どうやら彼女ここで独り暮らしをしているようです。
これは、俗に言う「修行僧レベル」

女子独りでこんな真っ暗闇の地、しかもバスで独り暮らしっていままでに聞いたことがありません。笑
彼女ついにヒッピーになったのかと勝手に悟ってしまいました。


バスのなかを拝見。

なかに入るとびっくり。

さっきまで、修行僧とかヒッピーとか言っていたのを撤廃したくなりました。
だって、あまりに快適なんですもん。笑

キッチン。

ダブルベット。

トイレ

外にはベンチ。

WiFiだってある。。。

外に行けば、羊さん3匹が遊んでくれます。

キャンピングバスってこんな快適になっているんだという驚きが止まりません。。。
ニュージーランドにいるとあちらこちらでキャンピングカーまたはキャンピングバスを見るけど彼らこんな快適な車に乗って日々旅をしながら生活しているのかと思うと、嫉妬心が芽生えます。


彼女に聞いた、キャンピングバス生活って実際どう?

キャンピングバス生活を送っている彼女ですが、実際のところ生活しててどうなのか聞いてみました。

・雨漏り。(年期のあるバスだからしょうがない)
・夜はシャワーが水。(日がないと水が温まらないらしい)
・ねずみをみた(証拠写真を見してくれた)
・星が綺麗(真っ暗だから星の数がすんごい。テカポに負けない。)
でもやっぱり一番つらいのが、
・とにかく、孤独。

シーーンとして場所に生活しているので独りで物思いに耽る時間が多いとのこと。

仕事をしていても、時間を持て余しているそうなので最近Kindleを調達したそう。しかもオンラインショップで。注文してから2日で配送されたそう。ニュージーランドの配送業界完全になめてました。笑

そして、彼女のキャンピングバスに間違われずに届いたことにも驚きです。


ということで。

彼女の家で一泊してきたのですが、快適の一言です。完全に新しい家のチョイスが私の中に生まれましたね。

クリスマスホリデーにもまた、彼女の家に遊びに行こうと思います。
つぎは、サーフィンでもしようかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す