ソウルに行ったらやっぱりアカスリ!朝から地元民が集う、「ドラゴンヒル」をローカルに楽しんできた笑

さて、そろそろ一人旅をしたいよね〜ということで、近場のソウルに2泊3日で行ってきましたw

韓国って羽田から1時間30分弱で行けてとっても手軽な場所だったんですね。25歳にして初めて知りました笑
だって、長野から東京までの新幹線と変わらないんですよ、笑っちゃいます。

Dragon Hill Spa

「ドラゴンヒルスパ」は、地下鉄1号線・旧国鉄龍山(ヨンサン)駅のすぐ隣に位置する、24時間・年中無休の巨大スパ施設!アジアのリゾートへ来たかのような個性的なインテリアで、韓国式サウナであるチムジルバンをはじめ、7種類の汗蒸幕、浴場、よもぎ蒸し、あかすり、うぶ毛とり、マッサージ、露天風呂、1年中利用可能な屋外プール、屋上庭園、映画施設、食堂、睡眠室、インターネット施設などが取り揃っています。子どもからお年寄りまで目的に合わせた様々な楽しみ方ができます。

という情報をネットから。

さらに、ホテルのスタッフに聞いたところローカルなスパなら「DROGON HILL」と強くお薦めされたので行くことを決定した次第です!笑


さてドラゴンヒルを目指します!

私は、city hall駅にあるTHE PLAZAに宿泊してて、なおかつフライトが昼過ぎだということもあり朝早起きしてタクシーに乗り込みました!笑

タクシーのおじさんがまたスピード出す出すw
高速道路じゃないところも80kくらい出してましたからね、しかも赤信号でも止まらず気をつけてパスするという運転技術。

心の持ちようとしては、何かの車レースに同乗させて頂いている感じね。
タクシーのおじさんが飛ばしてくれたお陰で、20分くらいで着きました。

そのおじさんの「僕、すごく速かったでしょ!!見てた??」的な雰囲気が伝わってきたので多めにチップをあげました。笑


さて早速中へ

何だろう、このテーマパーク感w

気持ちは、韓国なんだけど視覚は東南アジアリゾート何だよね〜。本当に不思議な空間が広がります。


中へ入り料金をチェック

平日昼間の入場料は12,000ウォン(週末は14,000ウォン)。夜間は15,000ウォンです。

なお、12時間以上の滞在は、1時間を過ぎるごとに1,000ウォンの超過料金がかかるので注意が必要です!

昼間 5:00~20:00 夜間 20:00~5:00
平日 12,000ウォン 15,000ウォン
土日,祝日 14,000ウォン
子供料金:6,000ウォン(一律)

 

料金を払うとスパ内で使用する鍵をもらいます。この鍵を使って館内で起こる飲食代やマッサージなどを「ピッ」と事あるごとにかざして最後に出る時に精算する仕組みです。

そう、キャッシュレス!

日本の大型スパにもよくある仕組みです!!


スパ内にレッツゴー

もらった鍵と同じ場所のロッカーを見つけシューズを入れます。

施設入口がアジアンリゾートでしょ?
思わず、パシャり。

スパに行く前に少し腹ごしらえをしたいと思い売店でお粥をパクリ

売店のおばちゃんが手際よく、電子レンジでチンをしてくれてあっという間に提供してくれましたw

意外と美味しかった。


スパでは専用の服(チムジル服)に着替えるんです。

写真をとるの忘れたのですが、何というか体操着?みたいな薄くて、人の汗が染み込んだジャージを着て館内でリラックスします。いや〜ここ最近の中でも、見たことのないようなレトロ感。と何年も使用していたであろう着た人の温もり感。潔癖症じゃなくてよかったw


 さて、スパへ

朝、8時半というのに若いレディで湯船は溢れ返っていました。デート前にスパに行ったりするのが韓国スタイルなのかな?など色々考えてしまいます。

日本にある大型スーパー銭湯的なラインナップを想像してもらえればいいのですが、何がちょっと違うというとお風呂の中が暗い。。いや、真っ暗ではないんだけど薄暗い?そこに電光掲示板が風呂内にあってハングル語が流れているとういう今までに味わったことのないカオス具合。

一番ツッコミたいのは、レインボー風呂!
何が面白いって風呂の中に様々なカラーの風船がぷかぷか浮いているんですw
そんなユーモアセンスなかったよ!!
確かに言われてみれば、七色ほどのカラーベースで風船が浮いている「レインボー風呂」

流石に一人で入る気になれなかった。。


お待ちかね!アカスリ歴うん十年のおばちゃんに垢を擦ってもらう

はい、ここからが今回の目的であるローカルアカスリ体験記です!
まず、スパ内の奥の方にアカスリコーナーがあるので向かいます。特に事前に予約とかなく、行ってすぐアカスリをする感じです。

行ってみるとおばちゃん3人くらいが半裸状態で仕事場の準備していました。もういつでもお客さん来てもいい感じです!

でコースですが、「アロマオイル全身マッサージ」にしました。40分のコースでアカスリ・全身オイルマッサージ・髪洗を手際よくこなすよう。おばちゃんによると、これが一番ベストだと押していたので信じてこちらへ!

まずは、10分くらいお湯に使ってこいと手を引っ張られてお湯の場所まで連れられてジャバンと入ります。湯船にテレビが付いているのですが、その番組が食系でなおかつ辛いものを大食いする内容だった、韓国も大食い系の番組需要があるのか〜

テレビを見ているとおばちゃんが迎えに来てくれました。
アカスリコーナに戻ると診察台のような台に載せられます。
「仰向け!」と単語を言われたのだけど、急にどっちかわからずコンフィーズしていると「大丈夫?笑」とおばちゃんに心配される挙句に、、うん、とりあえず笑っておいたw

アカスリですが、もちろん私全裸。で、おばちゃんはパンティとnippleスッケスケのブラ着用です。
イメージすると凄いエズラでしょ笑

いざ、アカスリスタート。アカスリ私のイメージだとめちゃくちゃゴシゴシするのかと思ったのだけど、ソープを混ぜて行っていたらしく撫でるようにアカスリを行います。円を書くように全身隈無く擦りますからね。
もうベテランだから足の付け根とか脇の下とかも徹底的に垢を取り除いてい組んだけど、なんせ目を開けるとおばちゃんの胸が近くて困っちゃうのよ。

で、出た垢を流すときだってダイナミック。
ぬるいお湯を桶いっぱいにして来てバシャーんと流してくれます。
もちろん顔にお湯がかからないようになんて配慮はありませんよ。本当に大胆w

アカスリがひとまず終わるとオイルマッサージへ

おばちゃんに「肩凝っているわね〜」と言われながらマッサージが進む。
なんか体をパンパン叩く方式のマッサージらしく身体中叩く叩く。
その「パパーん」という大きめな音がスパ内に響くんだけど、なんともカオスな環境で笑いをこらえるのが必死でした。多分おばちゃん、私叩かれるの好きなんだなと勘違いしていつもより大きめの音をたてて叩いたに違いない笑

仕上げに体をオイルでいっぱいになっているところを、体全体を反対にさせるべきおばちゃんが軽々と回し、大回転。ここはソープランドか何かなのか??

もう笑いを堪えれず笑っていると汗だくになったおばちゃんもこちらをみて嬉しそうに笑っていた。

さて、大回転オイルマッサージが終わると、髪洗へ
こちら、頭皮の皮をごしごしと強く且つ手際よくシャンプーしお湯をバッチャーンかけてくれます。お湯かけられても息継ぎできてたのが不思議です。どんどんこのスタイルに慣れて来たような気がする笑

ということで、40分きっちり終了。
いやー笑った笑った


カップルだらけの岩盤浴へ

これが韓国の若者の過ごし方のようです。凄いのがみんな見事に熟睡していて最高なリラックススペースになっているということ!
ある人は、鼾までかいて幸せそうな顔で寝てました。

どうやら、ドラゴンヒルスパは韓国最多という、7種類の汗蒸幕を併設。ソウル市内で唯一、韓国の伝統的な炭窯の汗蒸幕もあったよう。知らなかったw体の中にたまってしまった不要な老廃物や毒素を排出するのに良いとされ、血液循環の促進、疲労回復にもオススメなんだとか。

ということで

一言でいうとカオス!!

でも、韓国スタイルのアカスリはツッコミどころが満載ということを確認でき、いい経験となりました。
ちなみに男性のアカスリは40代のおじさんが全裸でアカスリとマッサージをしてくれるようです。笑

ということで、ソウルに行った際はぜひお立ち寄りください!
旅の疲れをとるのはもちろんですが、終始笑いが絶えませんから。


DRAGON HILL

住所:ソウル特別市 龍山区 漢江路3街 40-713 (서울특별시 용산구 한강로3가 40-713)
電話番号:02-792-0001、018-223-0002
営業時間:24時間
休業日:年中無休
公式サイト:http://dragonhillspa.co.kr/

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す