長野県戸隠でそば打ち体験を一から堪能し、ツルツルと自分で作ったそばを食らってきた。

ね、そば打ちに興味はありませんか?
やっぱり美味しい蕎麦屋に行って店主が一からそばを必死に練りこんで、包丁で正確にそばを切っていく姿をみているとかっこよすぎて見入ってしまいます。
なんでしょう、あの感じ。たまりません。
というこんなで自分でもそばを打ってみたくなったのでさっそく行ってまいりました。

戸隠そば博物館とんくるりん

地元のそば打ち名人と共に戸隠そばを打ちながら食べる究極の道楽場所「とんくるりん」
地元のおばちゃんたちのパワーみなぎる指導のもとそば作りをたのしめますよ!


ちょっとまって、戸隠そばってそもそもなんぞや?

一般には、長野市戸隠(旧 戸隠村)で作られ食べられている蕎麦の総称です。岩手県の“わんこそば”、島根県の“出雲そば”と共に「日本三大そば」の一つとされています。

戸隠では通常、ソバの甘皮を取らずに挽く“挽きぐるみ”のそば粉を使うので、蕎麦の色が濃いのが特徴です。打ち方や盛り方にも「戸隠流」があります。戸隠では、一本の麺棒で四角ではなく“丸く”伸して、それを台に打ちつけて粘りとコシを出します。湯でた麺をザルに盛る際は、蕎麦の水を切らずに食べやすい塊り(ボッチ)に丸めてに盛り付けることで、瑞々しさを出しています。

なる。これを頭に入れとけば大丈夫だ。


早速行ってみましょう!

とっても広い駐車場に車を止めていざ出陣。
この日は予約をせずに向かいました。


そば打ち体験開始時間

GWあたりになると団体のお客さんが100名とか入ることがあるそうなので予約していったほうが安心。

  • 午前10時・11時・12時
  • 午後1時・2時・3時・4時
  • 所要時間時間+お食事時間

※状況により開始時間は変更する場合もございます。
※50名様以上のお食事は約1時間程度かかります。
※最大50組(4名1組)で200名様が体験可能です
(15名以上要ご予約)
お問い合せは電話:026-254-3773


料金

(消費税込)
ひと鉢 3,240円 + つゆ薬味代ひとり250円

【料金例】
1名の場合…3,490円
2名 〃  …3,740円
3名 〃  …3,990円
4名 〃  …4,240円

※ ひと鉢4人前です。
※ お持ち帰りも可能。(要冷蔵)

お手頃に本格的な戸隠そば作りができちゃいます!


材料

約4人前

  • そば粉…350g
  • 小麦粉…150g
  • 熱湯…150cc
  • 水…100cc
  • 打粉…適量

では開始!

最初は講師のそば打ち名人がみんなの前でレクチャーしてくれました。
なんだかこの日は、新入研修のようでそこに混ざってそば打ちを学ぶという流れに。笑

新入社員がどきどきしながらチームに分かれて互いに敬語を混ぜながらコミュニケーションする姿が初々しい。。

事前にエプロンと材料が用意されているので手ぶらで問題ないです!

一つのグループに名人が一人ついて手取り足取り教えてくれるのでなんでも聞いてみましょう。
とにかく、元気がいいです!!w

あらかじめ準備したそば粉を鉢に入れたら、粉の中央辺りに凹みををつけて熱湯を一気に入れます。
湯が平均に行き渡るように全体を素早くかき混ぜます。
小麦粉を入れてそば粉とよく混ぜ合わせます。その後水を加えよく混ぜていきます。
そばの硬さはこの段階で調整するようです。

全体を玉にまとめ、とにかくよくこねる。150回ほど練ると、つるりと表面が変わります。

上半身の体重をかけて手のひら全体で押します。
これがけっこうな重労働。ww

おばあちゃん名人がへそだし(へそを出すことによって中の空気が抜けます。)を手際よくやってくれました。(この時余りの早さに写真を撮るのを忘れた。。)

へそだしが終わったら、のし台に打粉をまいて、親指の付け根の腹で玉の周囲を押し広げて行きます。
押しては広げて90度回転を繰り返して30cm位に延ばします。回転させてのすことを繰り返して40cm位の円に延ばします。めん棒は中央をはずして置き前方に転がします。

ほれ

それ。

それ

めん棒に生地を巻き付け手前から奥に向かって転がし
一気に引き戻すことを繰り返します。
70cm位のきれいな円にします。生地の厚みは2mm位です。

めん棒を利用してたたみます。
包丁の刃渡りの長さに合わせて八つ折りにします。

折った生地をまな板にのせこま板の側面に包丁を押し当てながら切ります。
包丁を垂直にした後こま板側にほんの少し傾けます。その時こま板がずれるので等間隔にそばを
切ることが出来ます。

これが難しい。
なんせ包丁を少し傾け太さがきまるのですがこれがまばらになってしまうのです。

でも、さすがは名人。
さささささっと音を出して均一に切っていきます。

このときのおばあちゃんの眼差し、包丁さばきがかっこよすぎるのでありますよ。

全て切り終わるとおばあちゃんが茹でてくれるのでしばしおまち。


いただきましょう!

おきりこみ入りの戸隠そばをいただきます。w

最初は何もつけずにそばだけをいただく。

歯切れのいいパツンとしたそばで喉越しもいいのが特徴的。というか本当に自分で作ったとは思えないほど味においてはクオリティが高い。高すぎる。。。

その後塩→そばつゆと味変を重ねる。
わたし的には何もつけないそばがヒット。箸は止まることなく完食。w

後ろで食べていた新入研修組はというとおかわりの嵐。。。
食べ盛りだからそうなるわな。


ということで

初のそば打ちでしたがこれは根気がいる。練って練って練りまくるところなんか一心不乱になりますもん。笑

だけど打ち立てのおそばを食べた途端すべてが報われたような気になり体にツルツルと喉越しのいいそばが入り込んでくる。
そして、そば打ちにはまるオジが続出することにもなんだか納得。マラソンおじさんになるか、トライアスロンおじさんになるか、バイクおじさんになるか、それともそば打ちおじさんになるのか。見所である。

本気でやるならまずは形からいかがでしょうか?笑

 


施設情報

住所:長野県長野市戸隠3018
電話:026-254-3773
休館日:第三水曜日
駐車場:60台
公式サイト:http://www.togakushi-tq.jp/

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す