【クイーンズタウン名物!!!】これだけは食べておかないとクイーンズタウンは語れない。噂のFergburgerに行ってみた

クイーンズタウンは何食べてもマジうまい。
「クイーンズタウン=食倒れの街」と日本人観光客に広告を打てばいいのにと個人的に感じているクイーンズタウン生活なのですが、一際すごく行列が目立つハンバーガーショップが市内にあります。
本当にエグい行列です。笑

噂のFergburgerとは?


2001年2月にFergburgerがスタートし、CowLaneのガレージから始まったそう。

Fergburgerには、30種類近いバーガーがあります。
ラムハンバーガー、タラのハンバーガー、ファラフェルハンバーガー、さらには鹿肉のハンバーガーなど、普段に目にすることないハンバーガーにも挑戦することができますよ。

主に世界各国の旅行者がこのハンバーガーを食べにやってきます。
日本でも何度かテレビで放映されたこともあって、日本人のお客さんも見かけました。


では、さっそくお店へ

queenstown-shop_3525
お店には迷うことなく到着できます。
なんせこのお店だけが行列を作っているので。笑

私が行列を避けて、16時というなんとも中途半端なランチ?オヤツ?的な時間に行ったので、すんごい行列に並ぶことなくオーダーできました。

この時間はお勧め!!笑

お昼時とディナー時にいったら1時間は待つこと覚悟です。


メニューをざっと見

queenstown-shop_2908 ここでは、様々な肉を選ぶことができます。

お店の定番は「BIG AL」 $17.90 なり。
名前からして、とてつもないでかいハンバーガーが予測されますね。笑
内容を見てみると、ニュージーランドビーフ1/21b、ベーコン、チーズ、2Egg、ビートルート、トマト、オニオン、レタス。
ボリューミーだわ。。。。。。
そこにさらにポテトがついてきます!笑
完全に可愛い女子なら一人で食べるのはきついかと。

二人でシェアしたほうが良さそうですね。

なかなかお目にかかれない肉としては、鹿、ラムといったバーガーも揃えています。

今回は、物珍しさに「Sweet Bambi」$12.90を注文。


待ち時間に店内をうろうろ

queenstown-shop_7148

レジちかくのメニュー表。

queenstown-shop_1670

オリジナルグッズの販売をもされています。
普通に日本できてても誰もこの行列のハンバーガーショップのTシャツだとは気づかないだろう。
気づいたら相当のハンバーガーバカだと思う。
queenstown-shop_5368

ハンバーガーを淡々と作る様子。

この時は真剣な眼差し。。。。

でも定員の方々楽観的な人が多いようで、ゲラゲラ笑いながら次々のオーダーされるハンバーガーを作っていました。


さてハンバーガーが到着。さっそくいただきます。

queenstown-shop_2421

この紙袋に入っている感じもまたいいですね。

すでにずっしりと重みを感じます。

queenstown-shop_9108

パクリ。
ボリューム満点で鹿肉が柔らかいのよ。。
もう。

焼き加減もミディアムレアで私好み。
ちなみにハンバーガー用のバンズは隣のベーカリーから仕入れているようで、食べているときに搬入している様子を拝見。
出来立てのバンズを使っているだけあって、食感はふかふかです。

一つのデカさが通常のハンバーガーの2倍はあるので、腹を空かせていかないと1個食べるのはなかなかきついかと思われます。

本当に並ぶだけの価値は十分にあります。

クオリティーの高さもそうですが、このボリュームに対して価格設定もわりと安い気がする。
個人的にはお手頃な価格かと。


ということで、、、

クイーンズタウン滞在中にもう一度食べに行こうということになりました。

はい。笑

次は、何味にしようかな。

お腹が極限に空いていて、この道路を通ってハンバーガーの匂いを嗅いだら並んででも買って食べたくなるわな〜。と思えるハンバーガーショップです。

P.S.友達のAnnが履いているコンバース(旬色?)のシューズ。
なんだかわからんけど、Fergburgerのスタッフの目に止まり、すんごい二人で話に花が咲いている。
友達は誇らしげに「ホーランドで買ったんだよ!」とスッタフに説明。
とってもハッピーそうなのでそのシューズをちょっと汚してやりたくなった。。。
そんな行列の一コマ。


お店情報

住所: 42 Shotover Street, Queenstown Central, Queenstown
営業時間: 8:30 AM to 5 AM
定休日:なし
URL:http://www.fergburger.com/fullscreen.html

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村

コメントを残す